父の治療について

先日もこちらで質問させていただいたのですが、父62歳が肺に影があると指摘され検査した結果
肺腺がん ステージ3bと診断されました。

腫瘍が大動脈にくっついているため、手術は不可能だそうです。また、リンパ節に転移があるそうです。
後日抗がん剤による治療をし、状態によって放射線治療、さらに確率は低いですが腫瘍が大動脈から離れれば手術をと主治医の先生がおっしゃってました。
やはりこのような治療方法が妥当なのでしょうか?
他により良い治療方法などはないのでしょうか?

主治医の先生に伺ったところ、治療をしても余命1年くらいとおっしゃってました。
父は自覚症状もなくとっても元気で、早く治して社会復帰すると言ってます。
本当に余命1年と考えるのが普通なのでしょうか?
父と同じステージ3bの方で、元気に長生きしているという方はいらっしゃらないのでしょうか?

もっともっと長生きして欲しい。
そう思うと突然のことでしたので頭がおかしくなりそうです。

何かアドバイス等いただけたらと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

person_outlineHannaさん

4名の医師が回答しています

腫瘍外科医 先生

一般外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師