不安障害・不安神経症の再発予防に何かできることはありますか

24歳・男です。

19歳のときに、一度、神経症と診断されました。
そのときは、クスリを飲まずに症状が改善しました。

半年前には、強迫性障害と診断されました。
今回は、途中で投薬治療を受けました。
しかし、肌荒れ・眩暈・手の痙攣等の副作用が怖くなって、投薬治療から逃げてしまいました。

薬で治さないと、再発の可能性が高いという記述をどこかでみかけた気がします。
その記述は正しいのでしょうか?
また、それが正しい場合、再発防止の対策は、何かありますか?

それぞれの時の、具体的な症状を書いておきます。
19歳の神経症の診断をされたときは、浪人時代でした。
瞼の痙攣から始まりました。
そして、その後に徐々に悪化し、
・不眠傾向(3時間も寝ると、夜中に飛び起きる)
・授業中に大声で叫びたくなる
・友人と話していても顔がひきつる
などが起こったため、精神科にかかりました。

24歳のときは、卒業研究時です。
また瞼の痙攣がおこりました。
そして、他にも違和感を感じたため、受診しました。自己申告した違和感は、以下の3つです。
・机に向かっていても、気づけば研究作業以外のことをしていることが多く、なかなか作業が進まなかった。
・文献を理解しようとしても、日本語を忘れたかのように文章が理解できなくなることが、よくあった。
・ゼミに出席していて発言すると、すでに同じことを他人が指摘した後であることが一ヶ月の中で数回あった。

しかし、医師と話しているうちに、掃除の時間の区切りができなくて、人との約束等を破っている状況を指摘されました。医師は、それを問題視し、強迫性障害と診断したのだと 思います。
その行動は、もう治まっています。

person_outlineadams0525さん

1名の医師が回答しています

ほほえむカメさん 先生

精神科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師