糖尿病における大腸がんの「早期」の考え方と手術方法

糖尿病網膜症で入院してるときに大腸の検査を受けて下さいとのことで先日大腸検査を受け2cm強のポリープは疑わしいので開腹手術で取った方がいいとのことでした。内視鏡でとる大きさではないとの事。これでちょっとショック。多分先生は「早期」だろうと。5年は生きれると言われ、5年過ぎればずっと生きれますと。「早期」でも5年は様子をみるものなのでしょうか。糖尿病腎症(網膜も含む)だから先生はこうおっしゃたのでしょうか。想像してしまいます。悪いものだから取ったほうがいいのはわかりますが内視鏡が難しいとなると開腹しかないのでしょうか。腹腔鏡もあるみたいですが糖尿病だと受けるのは難しいのですか。患者に負担がかからないのではないかと思うのですが。先生にはその時はそこまで考えが及ばず帰ってきてしまいました。手術前にも検査をちゃんとするので入院期間は長いといわれましたがこのような手術の場合大体どのくらい入院しますか。

person_outlineさくらさん

3名の医師が回答しています

tora 先生

一般内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師