胸椎脊柱菅狭窄症に関して

現在74歳の父に関しての相談です。今年1月末からあまり両脚に力が入らず、仰向けに腰から転倒を繰り返し、2/Mより近くの総合病院に入院しました。MRI等の検査の結果、第6・7胸椎脊柱菅狭窄症と判断され、3/Mに圧迫部位の反対(背中側)の骨を切削する手術(つまり神経の逃げ道を作ったと思われる)を受けました。手術前は、立つことは不可能でしたが、ある程度脚を動かすことは可能でした。しかし、術後まったく両脚が動かず、知覚は戻ってきましたが、脚を随意的に動かすことはできなくなりました。執刀していただいた先生から、別の先生をご紹介いただき、書類や写真等による所見をしていただいたところ、神経を圧迫している部位の骨を除去し人口の骨を入れ、その人口の骨の上下の骨を用いて(棒状の何かでつないで)補強する手術を、なるべく早くしたほうが良いとの診察を頂きました。
この先生の診察を一番に考えているのですが、
手術の他に選択肢があれば、御意見を賜りたいと考えております。
何卒、宜しくお願いいたします。

person_outlineyokoyokoさん

2名の医師が回答しています

ある開業医 先生

整形外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師