Q

インスリンの単位数について

インスリン療法で1日3回インスリンを打ちますが、あの単位数はどのようにして決められているのでしょうか。食事量に関係しているのか?わかりやすく説明していただければ幸いです。

質問者:うさぎ さん

秋山 森之進 先生
一般内科

秋山 森之進 先生

インスリン療法は,不足する自前のインスリンを補充するのが基本的な作戦です。ポイントは,健康な人のインスリン分泌が,2通り(基礎分泌と追加分泌)あることです。基礎分泌は文字通り基本的な分泌で,食事に関係なく(絶食でも出ている)一定量に近いインスリンの出方。体格や病気の状態により左右されます。もう一つの追加分泌は,食事の時に食べた量に応じて分泌されるインスリンです。これは食事量のほかに,運動量・体重により変化します。もし欠食すれば追加分泌は0であり,半分しか食べなければ普段のインスリンの1/2になります。

基礎分泌と追加分泌が,両方完全にコントロールされて初めて血糖コントロールが達成できます。この2つの分泌に対応するインスリンを,それぞれ別々に注射するのが本格的な治療法で,基礎分泌用は眠前1回か朝・眠前各1回の計2回,追加分泌用は各食前3回が通常(合計で1日4〜5回)です。他に簡略版として基礎分泌用と追加分泌用を混合してしまい,朝夕2回とする方法などがあります。

質問者の場合1日3回注射ですと,速効型か超速効型を各食前にお使いなのでしょうか?そうならば食事や運動量により変化します。例えば,夕食前の血糖がいつも低めなら,昼食量を増やすか昼のインスリンを減らすか運動量を控えます。混合型3回ですと,基礎・追加分泌両方が絡んでくるので話は複雑になります。しかしこの場合は基礎分泌が主力に設定されていることが多く,食事・運動の影響は小さくなります。

なお,他の回答者が「体内に不足するインスリンを補充することにより代謝改善を図るもので、食事量とは関係しません」と書かれていますが,これは基礎分泌の場合であり,質問者がRやログ・ラピッドをお使いならば食事・運動量と多いに関係します。

三次 先生
循環器科

三次 先生

体内に不足するインスリンを補充することにより代謝改善を図るもので、食事量とは関係しません。
単位数の決め方は1型と2型で若干違いますが、2型の場合は0.2単位/kg/日を目安に初期投与量を設定し、血糖値の推移を見ながら少しずつ量を調節します。

禁煙Dr 先生

ウサギ様、インスリンは2kgの絶食ウサギを3時間以内に低血糖にさせる料を1単位としています。0.5単位/kgです。従って、上記の0.2単位/kg/日の合理性が証明されます。実際にはRを4−4−4から開始されるのが一般的です。

うさぎさん

0.2単位/kg/日で2kgの絶食うさぎということは、1kgで0.2単位、2kgで0.4単位で、Rを4-4-4ですか?
朝・昼・夕4単位ずつ速効型インスリン1本150単位/1.5mlで
1単位は0.01ml4単位ということは0.04mlのインスリンを注射しているということですか?

インスリン療法について詳しく知りたいです。

禁煙Dr 先生

ペンネームがウサギさんでしたのでインスリンの単位について書いてしまいました。ウサギは低血糖にさせていますが、人間は低血糖にする必要はありません。だから、ウサギと人間とは違いますが、人間で、インスリンを開始するのに
0.2単位/日から始めるのがおかしい数字ではないと言うだけです。実際にインスリン治療を始めると一日に160単位以上使っていた人も知っています。決して、0.5単位/日以上使ってはいけないと言うわけではないです。
体重60Kgの人で0.2単位/日だと、一日12単位。三好先生の4−4−4となります。もちろん漸増します。
ペン型のインスリン製剤は300単位/3mlに変わりつつあります。(ボトルは1000単位/10ml)と言うか在庫なくなり次第そうなります。昔は400単位/10mlのボトルがあって。4単位で0.1mlとややこしかったすが、今はすべて、100単位/mlなので(ペンもシリンジも)、1単位だと0.01ml、4単位だと0,04mlとなります。ウサギさんはペン(150単位/1.5ml)を使用されているようなのでmlを気にしないで、機械に表示されている単位をお打ち下さい。300単位/3mlでも濃度は同じです。同じ単位でお打ち下さい。

禁煙Dr 先生

インスリン療法についてはこのサイトでは私より経験豊かな先生がおられますので・・・・・。
ただ言えることはインスリンは眼鏡のような物とお考え下さい。
近くを見たいときの眼鏡。
食事にたいしてインスリンが足らなければ、速効型、超速効型インスリン。
遠くを見たいときの眼鏡
基礎分泌(肝臓や筋肉からの糖分の放出制御)がたらないなら、中間型、遅効型、超遅効型のインスリン。
インスリン治療はそれぞれの方に対してのオーダーメイド治療です。他の人と違うと言って心配せずに主治医に相談して下さい。

うさぎさん

食事量に合うように、体内インスリンがでればよいのですが、
でないために補給するのですね。
先生、食事療法ですが、いくらカロリーがあっていても、蛋白質、脂質、糖質のバランスが保たれていなければ、よい食事療法とはいえないのはわかります。バランスの比率ですが、蛋白質15%、脂質25%、糖質60%で計算すると蛋白質60g摂取量となり、今回出た食事摂取基準の蛋白量に相当します。
腎疾患の場合は、クレアチニンクリアランスで、蛋白量を算出しますが、
糖尿病(合併症でない場合)の蛋白量の算出の基準というのは
ありますか?

hero2005 先生

腎疾患の合併がなければ、総カロリーの計算から算出してもいいと思います。お示しになったバランスが一般的ですが、実際はこの数字から献立を作るのは困難です。

なぜなら、たんぱく質60gという表現ですが、普通、食事を摂取するときには、純粋な成分(たんぱく質の粉末など)は食材として使用することは稀です。

ですから食品交換表に戻るほうがわかりやすいと思います。使い慣れないときわめて摩訶不思議な本に思えますが、慣れるととても便利です。

たんぱく質60gというより表3と4でそれぞれ○○単位ずつが目安というのが実際的です。

文章からみて、詳しいお方だと思いますので、蛇足かもしれませんが、食材の(○○)gと混乱されるかたがいるかもと思いまして。。。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。