Q

不育症とリンパ球移植

3回の流産(うち1回は胞状奇胎)ののち、婦人科で基本的な不育症検査を受けたところ、抗核抗体が陽性(80倍)とのことでサイレイトウとバイアスピリンを服用しましたが、その直後の妊娠でやはり流産しました。

その後、大学病院でより詳細な検査を受けたところ、抗核抗体40倍、プロテインSが微妙に陽性(69.3)であったこと以外は、染色体や子宮形態等も含め特に異常は見つかりませんでした。

その大学病院では、一通りの検査で原因不明の場合には夫のリンパ球移植をするという考えのようで、私もこれを勧められていますが、
�同種免疫異常の検査そのものは一つも行われないこと
�抗核抗体がいちおう陽性であること(リンパ球移植は禁忌では?)
�リンパ球移植の精神的・身体的・時間的な負担
から、この治療を受けることに抵抗があります。
特に、�と�について医師から何の説明もなく、質問をしても納得のいく回答が得られません。何か機械的に処理されているようで、治療というよりは研究のためのデータ収集をしたいだけなのでは、という印象を受けます。

しかしこの大学病院が気に入らないとなると、ほかに不育症を扱っている、信頼できる病院が通院可能な範囲では見つかりません。それに年齢も30歳代の終わりに近づいており、これ以上検査等で無駄な時間を使いたくありません。どうしたらよいか途方に暮れています。何かアドバイスを頂けないでしょうか。

質問者:うさぎ5 さん

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

リンパ球移植をおこなっている大学は限られていますので予想はつきますが、決して研究データのためではなく、妊娠の可能性を向上させるということを目指しておられます。適応のない方を治療すると、治療の効果(成功率)を低下させることにもなるので、むやみやたらにやっているわけではありません。再度、説明を求められて「その結果」を自分で判断されるしかないのではないでしょうか。習慣性流産・不育症と微妙に意味合いのことなる表現法ではありますが、リンパ球移植の効果についてはいろんな考え方があります。自分自身で抵抗のある治療は受けないのも選択肢の一つです。不妊治療自体が、治療の合併症や副作用を考えると自分自身の健康にはマイナスとなる可能性をふくむ治療といえます。自らの希望によって選択していいのではないでしょうか。過去の治療経験でも、リンパ球移植後に妊娠分娩がうまくいったヒト、リンパ球移植を予定していたにもかかわらず、その前に妊娠されてうまくいったヒトなどさまざまです。インフォームドコンセントがなされ、納得されて上での決断になるでしょう。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。