Q

妊娠中のステロイドについて

子供の頃からアトピーがあり、ずっと皮膚科にかかっています。

現在妊娠16週なのですが、季節柄か妊娠中のせいか
アトピーの症状がひどくなってきました。

半年前からかかっている皮膚科の先生は、妊娠中ということを
とても考慮されているらしく、これまでの病院で出ていたくすりより
かなり弱いステロイドを少量しか出してくれません。

飲み薬などが飲めないとは思っていましたが、
妊娠中はステロイドの塗り薬もかなり制限しないと
胎児に悪影響をもたらすのでしょうか?

すでに一人こどもがいますが、前回の妊娠時には
飲み薬は飲めないから、と塗り薬でアトピーの症状を
調節していました。
かゆみも顔などの症状の悪化もつらいです。

ご回答をどうぞよろしくお願いいたします。

質問者:hana さん

月のうさぎ 先生
皮膚科

月のうさぎ 先生

妊娠中だからといってステロイドの外用剤を制限する必要はありません。

症状に応じた適切な外用剤を使用(ステロイドの場合その強さを選択すること)が大事ですし、そのことは妊娠中も、妊娠していないときも同じです。

外用剤のみで痒みが治まらず、よく眠れないなどの障害があるときは、妊娠中でも比較的安全と考えられている抗ヒスタミン剤(内服)を使うこともあります。
睡眠障害のほうが胎児にも影響を与えかねないからです。

とは言え、内服せずに済むならそれに越したことはありません。
そのためには、充分な効果が期待できる外用剤が必要と言うことになります。

但し、最近アトピー性皮膚炎によく使われるプロトピック軟膏は、妊娠中は使えないことになっていますので、もしお使いなら他のものへ変更の必要があります。

hanaさん

月のうさぎ先生

ご丁寧なお答えをありがとうございました。

おそらくこの季節の乾燥と、妊娠のホルモンバランスの変化で
かゆみがましているのですが、現在はかきこわしてしまった所だけ
弱いステロイドをぬり、そのほかのかゆみにはレスタミンを塗るよう指導を受けています。

レスタミンは初めてつかいますが、どうも効いていないようで
かゆみも収まりませんし、かきこわしていない部分もざらざらで
皮膚が厚くなっていてつらいです。

プロトピック軟膏は現在使っていませんが、妊娠中には使えないのですね。

今日皮膚科を受診して、ステロイド外用薬の処方について
先生に相談してみようと思います。

丁寧なご回答をありがとうございました。感謝いたします。

hanaさん

今日皮膚科を受診して、先生に現在かゆみと症状の悪化がつらく
ステロイド外用薬で症状を抑えたい旨お話ししました。

そのとき先生が、
「妊娠中は、ステロイド依存になりやすい。
ステロイドは麻薬と一緒で、人間楽な方に流れていって
顔が真っ赤に腫れあがって直らなくなるなどの副作用がでますよ」
とおっしゃいました。

これまでずっと皮膚科でアトピー性皮膚炎の治療を受けてきましたが、
ステロイドはアトピーの症状をコントロールする有効な手段で
使い方を理解し、正しく使えば問題ないと理解していました。

そのため今日の先生のお話には、少なからずショックを受けました。

ちまたでいわれることもあるように、やはりステロイド外用薬は
麻薬のようなおそろしい薬なのでしょうか?

塗り薬なしに症状が悪化していくと、日常生活に支障も出て、
ストレスもかなりあります。

どうぞアドバイスをお願いいたします。

hero2005 先生

ステロイドも麻薬も使い方次第でとてもよい薬です。また、適応と使い方がへたな医者には使いこなせない可能性もあります。そういう意味では似たところがあるかもしれません。つまり、おかかりの先生は、ステロイドも麻薬も使いこなせない医者なのかもしれません。ステロイド大嫌いな偏った考え方を持つ医者も世の中にはいます。

麻薬とステロイドはその作用も、使用目的も副作用もまったく異なる薬です。同じレベルでものをいうこと自体が患者様を不安に陥れるばかりです。比較の仕方が無知・幼稚すぎます。正しい使い方が必要なのはすべての薬剤において共通することです。

ステロイド剤を上手に使える医師の治療をお受けになってください。もちろん、ステロイド剤だけぬってほかのスキンケアをないがしろにしてはいけません。ステロイドはよい薬ですが、必要最低限に使用すべきものでもあります。

hanaさん

hero2005先生

お忙しい中、何度もご回答いただきありがとうございます。

今通っている皮膚科の先生のおっしゃっていることは、
やはりお医者様からみても、問題があるのですね。

ほかの病院を探して受診してみようと思います。
ステロイド外用薬だけでなく、スキンケアや生活全般注意して
アトピーとうまくつきあいながら楽しく生活できるようにしたいです。

ありがとうございました。

月のうさぎ 先生

・・「ステロイドはアトピーの症状をコントロールする有効な手段で 使い方を理解し、正しく使えば問題ないと理解していました」・・
その通りです。

けしてむやみに薬を使っていいとは言いません。
しかし、必要な薬を必要な期間充分に使うことは不可欠です。
副作用を恐れるあまり、不充分な量の効果の確かでない薬をだらだらと使うことこそ、かえって副作用を引き起こすことになります。

妊娠中はステロイド依存になりやすいと言うのも間違っています。

今のhanaさんの症状がどうなのか、実際に診ないと分かりませんが、別の皮膚科医の診察を受け意見を聞いてみられた方がいいようですね。

hanaさん

月のうさぎ先生

先生のおっしゃるように、必要な薬を必要な期間使うよう
指導していただけるお医者様って実際なかなかいらっしゃらないように思います。

今回かかっている先生は、ステロイドのお薬をだすことを
とても躊躇されますし、
反対にステロイドの処方には何のためらいもないけれど
実際に体の状態をまったく見ないで、
「この間と比べてどうですか?」と聞いて
「ちょっとひどくなっているようです」というと
「じゃあ、もうちょっと強いお薬にしましょう」と
処方だけされてずっと通院するなんていうこともよくあります。

アトピーは命に関わるような病気ではないですが、
長期的に通院したり、症状が良好なときでも
スキンケアなどが欠かせない疾病だからこそ
身近にそういったアドバイスと適切な治療を行ってくださる
お医者さまがもっといたらいいなと思います。

このたびは何度もご回答をいただき、ありがとうございました。

月のうさぎ 先生

当たり前のことが、なかなか実際には行われていないと言うことでしょうか。

hanaさんが、しっかりとご自身の健康管理をしようとしておられるご様子だけに、今の状況は大変残念なことだ思います。

これからの季節は乾燥、痒みとも強くなりやすいので、今までのケアを一層充分にお続けください。

hanaさん

月のうさぎ先生

お医者様もたくさん待っている患者さんのことを考えたり、
これまで長く通院していて、
すでにいろんなことを知っているであろう患者であると
つい通り一遍の診察になってしまうのかもしれませんね。

お医者様のほうだけでなく、私自身なんとなく言い出しにくかったり
改めて聞いてみるほどでもないかな、などと思って
積極的に質問などしていなかったかもしれません。

自分の健康は自分で守ろう、と常に心に留めながら
日常生活でのケアやお医者様とのコミュニケーションをとっていきたいと思います。

ネット上とはいえ、様々なアドバイスを受けることができて
とてもためになりました。

お忙しい中お答えくださって、本当にありがとうございました。

寒くなって参りましたので、先生もどうぞお体ご自愛くださいね。

ミッチーさん

私も昨年、妊娠中にステロイド軟膏を塗っていました。
私の場合はアトピーではなく乾癬という病気なのですが、全身の状態が悪く妊娠前から使用していました。

皮膚科の先生ともよく話し合った結果塗っておりましたが、私の場合かなり強いステロイドを全身に塗ってました。

こんな私でも無事元気な赤ちゃんを出産しましたよ☆

参考にならないかもしれませんが、私も同じように悩んでいたのを思い出し、ついレスしてしまいました。

お体大事にして、元気な赤ちゃん生んでくださいね。

hanaさん

ミッチー様

書き込みに気づかず、お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

私も第一子のときは、普通に軟膏を塗っていたので
「あれはいけなかったのかしら?」と不安に思ってしまいました。

もちろんちゃんとした診察を受けて、きちんをケアをして
というのは必要だけれど、必要以上に不安を持たなくてもいいのですね。

こちらのサイトでいろいろな方の意見が聞けて、
とてもよかったです。

わざわざ経験談を寄せてくださり、ありがとうございました。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

副腎皮質ホルモンは、原則、妊娠中の使用制限はありません。アトピーに対して塗り薬で対応できるなら、妊娠していなくても内服薬を使用する必要はありません。

クスリは、必要に応じて使用を決定します。不必要なクスリは出さないし、必要なクスリは使用します。

hanaさん

お忙しい中、ご回答頂きありがとうございます。

妊娠中のステロイド軟膏の制限はないのですね。
現在の皮膚科の先生が、診察のたびに
「妊娠中だから、ステロイドは弱いものをかきこわしたところだけにつけてください」
とおっしゃるので、影響があるのかと思いました。

薬もすぐなくなってしまい、頻繁に病院に行くのも大変なので
今度の診察時に現在の症状と合わせて相談してみようと思います。

ありがとうございました。

hesuku internal medicine 先生
腎臓内科

hesuku internal medicine 先生

皮膚科の主治医はステロイドの副作用を考えて弱いステロイドの少量投与をされているのだと思います。ステロイドの外用は大人よりも皮膚が脆弱な子供でも毎日2本使い続けなければ副作用は起きないと言われています。私は外用ならいい思います。

hanaさん

hesuku internal medicine先生

ご回答ありがとうございます。

私のかかっている先生はやはり副作用を心配されているのでしょうね。

私も長年皮膚科にかかり、
症状に合わせてステロイド外用薬をつかってきました。
かなりひどい時期もありましたが、
成人してからは波はあるものの、症状をうまくコントロールできていました。

これまでは比較的大きな総合病院の皮膚科にかかっていましたが、
転居して大きな病院がないため、町の小さな個人医院にかかっています。

薬を少量ずつだして頻繁に症状をチェックするのは
大切なことなのでしょうが、長期的にかかっている疾病では
週に1度や2度も病院に行くのが大変なのが正直なところです。

その辺りも含めて、今日診察を受けるので先生に相談してみようと思います。

お忙しい中、ご回答を誠にありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。