Q

血糖値が安定しない

血糖値が安定しません。
入院18日目です。
血糖値推移以下の通りです。
1-Jun 2-Jun 3-Jun 4-Jun 5-Jun 6-Jun 7-Jun
B 171 181 165 108 111 92
L 123 242 166 220 185 193 175
D 189 243 224 251 152 176
9 238 242 199 294 317 271 272

8-Jun 9-Jun 10-Jun 11-Jun 12-Jun 13-Jun 14-Jun
B 103 139 120 107 137 160 168
L 237 106 219 237 246 301 208
D 216 209 190 307 148 233 208
9 289 269 276 354 340 315 235

15-Jun 16-Jun 17-Jun 18-Jun
B 98 107 178 112(午前9時:食後2時間):230
L 184 214 269 228(午後14時: ” ):262
D 122 163 243
9 258 328 308
B朝食後、L昼食後、D夕食後、9就寝前

1日~5日:即効性(食前30分)インスリン4単位、就寝前中間型2単位
6日~12日:張即効性(ノボラピッド300自己注射)6単位、就寝前ノボリンN4単位
12日~16日:ノボラピッド8単位、ノボリンN6単位
17日~ :ノボラピッド10単位、ノボリンN6単位
16日午前1時低血糖:血糖値52、ブドウ糖を飲み午前3時血糖値:72
16日主治医と相談の上、泌尿器科(前立腺の検査を受け前立腺癌なし、前立腺も小さいが尿の勢いがないという診断)の薬、バソメット0.5mg朝夕一錠,ベサリコン散50mg 食後3回を服用
17日 血圧 92/54となり不快な症状。主治医からは、薬が慣れない性だろうと。
血糖値変動はこれらの薬とは無関係とも。
しかし、不快であるということなので、昨晩から中止様子をみることとした。
泌尿器科の診察を受けたのは尿の出が悪く、父親、叔父とも前立腺の癌であった為。

以上の状態から、血糖値の変動が大きな理由が分からず不安となっている。
主治医も理由は分からず、そういうこともあると。
もうしばらく様子をみましょうと。
インスリンが効かないということもあり得るのか?
インスリン抵抗性の問題か?それなら、注射しているインスリンは尿となって出ているということ?
Jogを長年続けてきて、体を動かさないことが原因かとか、余計なことを考えてしまします。

アドバイスいただければ幸いです。
Jogとインスリンを質問した者です。

質問者:torya さん

秋山 森之進 先生
一般内科

秋山 森之進 先生

他の書き込みに30年来の糖尿病とありましたね。1型で30年経っていれば,こんな少量でこの程度の血糖変動では済みません。2型か,その他の特殊型ですね。最も多数派の2型として話を進めます。

それぞれの測定値が食「後」と書かれていますが間違いありませんか?もし本当に食「後」の値なら,基礎分泌を決める指標がありませんから,眠前の中間型の量が決められません。すると追加分泌の量も不正確になり,不安定な血糖がずっと続くことになってしまいます。

「9」が就寝前ー入院中ということで,21頃の測定ですか?入院していれば普通は夕食が18時頃なので,すると眠前の値は食後3時間くらいになります。他の各食「後」(2時間後?)と比べても眠前=夕食3時間が突出して悪く,夕食「後」から眠前の血糖の動きにも不自然なものが多過ぎますね。

B・L・Dはそれぞれ各食「前」ではないでしょうか?するとノボリンNは4か5単位くらいで足りるかもしれません。朝食前血糖の変動は,Nの注射部位や注射前の撹拌不足によるものを疑います。深夜に低血糖を起こしているのはNの効果のピークが来たものでしょう。ランタスに変更すれば,注射部位以外の問題はきれいに片付きますよ。

ラピッドは明らかに不足しており,特に朝と夕は一時的に強気で増やす必要があると思います。インスリン抵抗性は広い意味で使われますが,恐らく本例では血糖不良が長く続いたため糖毒性でインスリンの効果が弱まっているのでしょう。50kg台の体重で合計インスリンが30単位程度ですから,1.まず朝食前の血糖を安定させ,2.次にラピッドを強気で増やして(各食前が同じ単位数とは限りませんし,合計インスリン量はピークで50単位を超えても不思議ではありません)強引に血糖を下げる,3.すると数日で糖毒性の解除が始まり,低血糖気味になり,4.それに合わせていったん増やしたラピッドを減量,という過程を取った方が早く確実に安定すると思います。

笑う精神科医 先生
精神科

笑う精神科医 先生

すみません、前のコメントに関しては、新規の回答者の場合も、
基本的に医療従事者は時間がないので、
そのとき必要な範囲のプロフィールはスレッドごとに書いた方が、
と思ったまでです。

食前の血糖値がほしいところです。
というのも、ラピッドの場合各食前まで届かないことがあります。
各食後の値だとすると許容範囲ぎりぎりですが、
夕食後が逸脱してきて就寝前が明らかに高いですね。
2型も30年も経過すれば自己分泌能が落ちていますので、
ベースで補わないといけませんが、
この場合は就寝前だけでなく、朝食前か昼食前に
(1)中間型か持続型の補給を行うか、
就寝前を中間型でなくランタスなどの持続型に切り替えれ(2)ば
改善がえられると思いますが…

toryaさん

秋山先生、笑う精神科医先生、
アドバイス感謝します。

BLDは食事前です。
9は寝る前です。
血糖値については、幾つかの数字が正確でない可能性があります。
血糖測定はグルテストエースRという機器を使っています。
一度、余りに数値が低かったことがありました。
看護師さんからもう一度やってみましょうと言われ、それで普通になったこともありました。
血液の量がすくないとそうなると説明をうけました。
同じく、消毒のアルコールが残っていると同じことが起きるととも。
2つくらいの数字(低い)が正確ではないかもしれません。

笑う精神科医先生、
仰るとおり、これからの質問には、その質問だけで完結するようにいたします。

年齢56歳、体重59kg、身長166cm、体脂肪(今日15.5:日曜日のなので家に帰り計りました)
糖尿暦30年 10年間、何もしませんでした。
それ以降、今日まで飲み薬でした。
入院前はアマリール朝夕 各2錠
投薬については幾つかの変遷がありました。

糖毒性という言葉は始めて知りました。
長年のJogが、インスリンを効かなくしたのか、と見当違いなことを考えて悩んでいました。
主治医の先生も、明日からラピッドを増やしますと仰っていました。
先生方のアドバイスの方向です。
これで、もう少し様子をみて、主治医の先生にも、アドバイスをもとに質問してみます。

こういう場があることは、患者にとってはとても有難いことです。
直接、なかなか主治医の先生にお聞きできないこと、
あるいは、Jogとインスリンの質問の時ように、主治医の先生の患者さんに、タイプが居ない時など、
Internet時代に何とか追いついている団塊世代でよかったと思います。
改めて、ありがとうございます

笑う精神科医 先生
精神科

笑う精神科医 先生

こんにちは。過去ログが入手困難のため質問をしています。

まず、あなたの病態をできるだけ詳しく教えてください。
というのも1型と2型では全く違う病気ですし(最初からインスリンの自己分泌があるのとないのとじゃ対処が違います)医師から告知された病名を教えてくだされば、回答でも正確なものが得られると思います。

また、年齢、体重、身長など他のデータもあると正確な回答をもらえると思います。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。