網膜色素変性症の遺伝性について

主人が網膜色素変性症です。
現在29歳で、ドーナツ状に視野が欠ける(輪状暗点)症状と夜盲症が見られます。
視野は5度程度です。
現在のところは、暗いところや雑然としたような場所では多少の不便はありますが、あまり人混みなどもない環境ということにも助けられ、日常生活に大きな支障はありません。

できることなら、この先、子供は一人より二人、と何人かいて欲しいと考えていますが、遺伝性のことを思うと考えてしまいます。

私なりにいろいろ調べて、遺伝性の高いものとそうでもないものがあるように理解をしていますが、それは正しいのでしょうか。
もし、正しいのであれば、どの程度の系図を調べれば、遺伝性が高いか低いかの判断材料となるでしょうか。

なお、主人の親戚関係では、知る限りでは同じ病気や症状の方はいないそうです。
といっても、何代にも渡って調べたと言うわけでもありません。

通院は、半年あるいは1年に一度程度なので、主人から医師の方に聞いてもらおうと思っても、先のことになります。
こちらで参考になるご意見などいただけましたらと思い、投稿させていただきました。
よろしくお願いいたします。

person_outlineかずさん

1名の医師が回答しています

広島の開業医 先生

眼科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師