Q

外耳道ガン

30代の主人ですが聞きなれない外耳道ガンと宣告されました。昨日より、1日2回の放射線治療が通院で始まりました。頚部リンパ節にも転移があるとの事で心配です。放射線で治ったとしても難聴になってしまう可能性があると聞きました。先生も、「外耳道ガンは珍しくて年に一人?位しか診た事がないですね」と言っておりました。心配で心配で仕方ありません。放射線治療、まだ始まったばかりですが、注意する点などありましたらアドバイスを宜しくお願いいたします。

質問者:coco さん

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

外耳道ガンのほとんどは扁平上皮癌ですので、放射線治療による効果が期待できます。

放射線治療による急性期の障害は、照射による皮膚、粘膜炎で、治療後半の時期には、外耳道粘膜炎による耳漏が出現する可能性が高いです。耳漏の際には二次感染を予防する意味で耳鼻科的処置を必要とします。晩期の障害として、照射による外耳道狭窄、難聴などを生じる可能性があります。

cocoさん

放射線の治療効果が期待できるという事で、頑張ろう!という気持ちになります。
ありがとうございました。
現在、1日2回のペースで受けています。まだ今は2日終了、また休み明け月曜日から始まりますが、近いうち脱毛などいろいろな副作用が出てくるそうで・・元気だった主人がそうなるかと想像しただけで涙が出てきます。耳かきが大好きで暇さえあれば耳かきをしている主人でしたので・・耳かきもやり過ぎはとても危険だと思いました。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。