Q

腰椎椎間板ヘルニアの予後

ヘルニアの切除手術後、約二ヵ月半経過しましたが、最近になって太腿の裏側や脹脛、踵、足先などに残った軽い痺れと痛みが増してきたように感じます。脹脛のむくみが結構ありますし、時々鼠蹊部あたりにピリピリ感もあります。手術二週間後に撮影したMRIではヘルニアの突出部は全て取れているのですが、このような症状は普通なのでしょうか?
尚、定期通院で近々に術後の経過確認のためMRIを撮る予定です。

質問者:ニックネーム2 さん

waterfall 先生
整形外科

waterfall 先生

さぞかし痛みが強かったり筋力低下が起こったり、大変だったと思います。
術後しばらく経ってからの症状出現ということですので、手術手技や術後の血腫形成はなかったものと考えます。すると何故?
手術部位の組織修復の過程で線維化が過剰に起こり、これが神経に接触しているのではないでしょうか?
あるいは腰椎の変形(骨棘:骨の出っ張り)が接触しているのかもしれません。また手術部位の上か下の部位での新たなヘルニアかもしれません。いずれにせよ、次回のMRIではっきりする事を願っています。

脹脛のむくみ?この単語はありませんので、「腸脛(大腿の外側)」のことでしょうか?手術前と今の症状の部位が一致していれば病変部位は一緒です。

そのあたりを主治医に訴えて、原因と治療方法をお聞きになるのがよいでしょう。
椎間板ヘルニアの症状は一筋縄ではいかないこともよくあります。今の症状に対して行うとしたら、投薬と神経ブロック、理学療法でしょうか。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

どんな手術でも術後に痛みがすっきりとなくなることは少ないと思います。ヘルニアの手術内容にもよりますが、以前刺激して痛みの原因となっていた神経から圧迫が解除されても痛みが残ることはあります。定期検査でMRIを施行されれば手を加えなおす必要があるのかどうかわかるでしょう。また、腰痛については手術だけでなく、その後のリハビリ、筋肉トレーニングで腰のまわりの筋肉と腹筋をきたえなければならない、という鉄則もあります。気長にリハビリしてください。リハビリの間は飲み薬やシップで、という場合が多いようです。

わかりやすく説明する医師 先生
一般内科

わかりやすく説明する医師 先生

整形的な痛みや知覚障害には、原因のはっきりしている物と原因がはっきりしないが症状だけがある物とあります。椎間板ヘルニアが原因で症状ある時は、神経を圧迫する部位を切除するだけで症状がとれます。また手術後の炎症性のむくみによる神経への圧迫で症状があるだけであれば、炎症さえとれれば改善します。しかし原因のはっきりしない物が症状の原因であれば、MRIでも異常がでなく、わからなく、整形に受診しても症状はとれない場合が多いです。医師の紹介を得てその時は針灸など東洋医学療法が有効なことがあります。

A190 先生

時間と共に症状が緩和されるケースは多いです。主治医の先生と良く相談してください。
診断に重きをおいて、患者の訴えに耳を貸さない整形外科医が多いのも事実ですが、診断がつかなくても、それなりの治療法というのはあります。それから私は医師に内緒で整骨院に通うことは否定的です。医者は患者の治療に全力を尽くし、更に責任を持つべきで、そのための知識と技術を持っています。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。