Q

妊娠初期のインフルエンザ予防接種

本日21日にインフルエンザ予防接種をしてきましたが、今月の生理予定日が19日で2日遅れてる事を思い出して妊娠検査薬でテストしてみると、陽性でした。インフルエンザ予防接種をしてしまって胎児に影響はないですか?

質問者:popochan さん

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

米国予防接種諮問委員会(US-ACIP)の200年の勧告によると、ハイリスクのものでは全期間いつでも、それ以外のものでは妊娠2三半期以降(つまり14週以降)にインフルエンザの流行期を迎えるものは接種を勧告(recomenndation)となっています。

理由付けとして、具体的に妊婦が心肺機機能異常による入院の相対危険でみると
(1)妊娠14〜20週では、1.4倍
(2)37〜42週では4.7倍
つまり、妊娠末期では、約5倍のリスク増加をみとめているためです。

インフルエンザワクチンの目的を諸外国では「高齢者などハイリスク者における重篤な合併症や死亡を予防すること」においています。ですから、「一般健常人には不要」という立場をとる国もあります。一方、米国のUS-ACIP勧告は「インフルエンザ罹患機会を減ずるために、月齢6ヶ月以上の全員が接種対応になりうる」との立場です。効果や目的をどこに置くかによって意義の認め方が異なります。

だからこそ、任意接種でもあるわけですが、わが国では、ワクチン接種の目的が明確で内面があるため、多くの異なる意見が出てきます。

hero2005 先生

勧告(recomenndation)→recommendationです

obgy 先生
産婦人科

obgy 先生

CDC(米国疾病予防管理センター)から勧告では、妊娠中期がインフルエンザの流行期になる妊婦にはインフルエンザワクチンの投与を推奨しており、全妊娠期間を通して安全であろうと報告しています。
しかし、一方ではリスクが高い場合を除いて妊娠初期での予防接種は避けたほうがよいとする意見もあります。
日本では妊婦に対する予防接種のguidelineは今のところなく、これから検討するべき事項となっています。

popochanさん

本当に安心しました!

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

妊娠の時期にかかわらず、有益性が高いというのが、文献的にはあります。ただ、別のところでも書きましたが、妊娠初期の自然流産の可能性とそれにともなうトラブル回避のため、妊娠初期とわかれば接種をしない傾向にあります。

popochanさん

安心しました。自然流産にならない事を祈ります。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。