Q

乳癌の治療法について

58歳の女性です。6月22日に乳癌の告知を受けて7月11日に別の病院で手術をしました。20日に退院し8月3日に診察の予定です。
腫瘍の大きさは1.5センチでセンチネルリンパ節に転移はなくリンパ節切除も免れました。お恥ずかしいことですが、ステ−ジ1で初期だから温存療法が出来、放射線治療とセットです。とおっしゃっていましたので、切ってしまえば後は定期的な検診をしていれば大丈夫だと思っていました。退院後、暇なので色々な情報を見ていますとホルモン療法(27日の検診の時、5年間アロマタ−ゼ阻害剤を使うことになるだろうというような事をおっしゃいました。)の副作用が色々と載っていました。そこでアロマタ-ゼ阻害剤を調べたのですがタモキシフェンと同様に骨粗鬆症や子宮癌のリスクを高める他に物忘れなど認知障害の副作用も報告されていると書いてありました。それじゃなくても日ごろ物忘れが酷くなり心配していますのでこの項目はとても怖く感じました。認知障害の副作用よりもアロマタ-ゼ阻害剤の方が効果が大きいのでしょうか。
それと骨粗鬆症の治療薬、塩酸ラロキシフェンが乳癌や子宮内膜癌を防ぐ効果が有るとの研究結果が報告されていました。
実際私のような症状の場合、どのような治療が最も効果が有るのでしょうか。

文章が下手でダラダラと書いてしまい申し訳ありません。
要点は次回の検診のとき治療方針を説明されたとき
どのように説明を聞き、どのように質問をしたら良いのか教えていただきたいのです。主治医の先生は31才の女医さんで、かなりご自分の意見を主張なさいます。圧倒されて聞きたいことを忘れてしまって後で不安になる事が有るのです。先生方には簡単な事でも1つ1つ納得しないととても不安なのです。
癌の悪性度やHER2受容体の数などまだ検査結果は解らないのですが納得して治療の方針が聞けるよう、どうかアドバイスください。
術後、やっと自分は癌なんだと認識し、ちょっと混乱して不安になっています。よろしくお願い致します。(閉経は52歳でした)

質問者:akiran さん

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

閉経前のかたへのエストロゲン合成阻害作用は、長期使用による骨密度の低下を招く可能性がありますので、注意事項として出ています。

すでに閉経し6年を経過したかたへの使用が、骨粗鬆症のリスクにどれほどの関与があるかについては、疑問があります。認知症のかたへエストロゲンを投与すると認知症の改善が見られたとの報告もありますが、エストロゲン単独使用で問題となる子宮内膜癌の発生を予防するためにプロゲステロンを同時に投与したら、認知症改善効果はなくなったとの報告もあります。

医学情報、副作用情報は、すべてのヒトに当てはまるようで、実は、年齢やその人の状態、性別によって異なります。タモキシフェンは乳腺の受容体に対しては、エストロゲン拮抗作用ですが、子宮内膜には弱い刺激作用があり、使用中は子宮内膜癌のスクリーニング検査を受けるほうが良いとされています。

同じ薬が組織によって逆の作用があったり、薬が少量の場合と多量の場合には逆のリスクが出たりするなど、ホルモンの作用は複雑怪奇なことも多いのが事実です。多くの情報が、整理されず、ごっちゃになっているので混乱されているのでしょう。

すでに閉経になっている方が、抗エストロゲン作用のある薬の使用に対しては、多くの場合には、リスクよりもベネフィット(利益)のほうが大きい場合が多いです。また、考えられうる副作用などについては、必要な検査や対応策を立てていけば問題は大きくありません。

akiranさん

検査の結果を見ずに、取り越し苦労をしていたようです。このくよくよする性格を、まずは治さなくてはと思います。8月3日に検査の結果が出ていれば治療の方針が決まると思いますので、まずは待とうと思います。

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

ステージは1、(センチネル)リンパ節転移陰性ですので良好な予後が十分に期待できます。

調べられたとうり、アロマターゼ阻害剤は子宮癌のリスクなど多くの点で従来のタモキシフェンに比べ副作用が少なくなっていますが、一方、骨粗鬆症についてはリスクを高めます。そのリスクを高めないように骨粗鬆症との同時併用なども研究されていますが、現段階ではデータが十分に得られていません。

ものわすれ(認知症)などのことについては、極めて副作用の可能性は低いのでそれほど心配なさらなくても良いと思います。

術後の治療については、(ホルモンリセプターが陽性であれば)アロマターゼ阻害剤5年、あるいはタモキシフェン3年(程度)→アロマターゼ阻害剤2年(程度)へのスイッチなどの治療の選択肢があると思います。

Her2、組織の悪性度、ホルモンリセプターの結果次第では抗がん剤投与も必要になるかも知れません。少し、すべての結果が得られるのを待つ必要があると思います。

akiranさん

有難うございました。少し安心しました。自分でも思ってなかった位、くよくよする性格だと思い至りました。このストレスを溜めて眠れなくなったりする性格ががん細胞を増殖させたのかなと思いました。これからは主治医の先生のおっしゃることを信じて、前向きに治療をしていこうと思います。まずは8月3日を冷静に待つ気持ちになれて本当に感謝しています。有難うございました。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。