Q

右前下小脳動脈症候群と診断されました・・(以前はメニエールと・・)

はじめまして。
半年以上耳鳴り(右耳のみ)や耳の閉塞感、聞こえの悪さを経験した後、突然大規模なめまいと吐き気に襲われ、1週間寝込みました。その後、都内の大学付属病院めまい外来に行ったところ、メニエールと判断され、メチコバール、アデホス等を処方されました。
その後、2年間アメリカに留学した際も、数度、めまい・吐き気の発作に見舞われました。(その都度酔い止めを飲んで臥せっていました)

2004年帰国後、とある著名な平衡科に行ったところ、「右前下小脳動脈症候群」と診断され、以前の発作はメニエールではなく、脳血栓、軽い脳梗塞だったと言われました。
現在は月1度通院し、薬(ケタス、グランダキシン、アプレース、CZP、トフラニール)を常用しています。

以前から、CTや脳ドックにもかかってますが、問題は発見されていません。現在30歳で、今後結婚も控えており出産もしたいと考えているため、このまま薬(中には催奇性のあるものもあります)を常用するのも不安です。なお、薬を飲み始めてから発作はありませんが、現在も耳鳴り、聞こえの悪さは続いています。

現在かかっている先生(7ヶ月程度)がかなり前時代的な方で、患者からの質問を非常に嫌がる方なので、薬をいつまで飲まなくてはならないのか聞くこともできず、そろそろセカンドオピニオンを求めたいと考えております。

私のようなケースの場合、何科にかかったら良いでしょうか?また、都内でお勧めの病院があればご推薦頂ければ幸いです。長々と書いてしまいましたが、どうぞアドバイス頂ければ幸いです。

質問者:会社員(30代女性) さん

秋山 森之進 先生
一般内科

秋山 森之進 先生

この症候群は,確かに聴力障害・めまいが自覚症状なので,メニエールとそっくりです。

ただメニエールだと,安定している時はメチコバール・アデホスなどで十分ですが,留学時のような発作時は内リンパ水腫に対する薬でないと効果はありません。発作時の薬が適切ではなかったためにストレス時に発作を繰り返したのだ,との解釈も不可能ではありません。

さて,この症候群ですが,質問者の年齢で起されたのでしょうか?30歳台での脳梗塞は,自然にはできません。必ず原因があります。まず,心臓で血栓が出来て,血流に乗って小脳動脈で詰まった,と考えるのは場所的には確率は高くありません。この場合は血栓ができにくくする薬を飲んでいないと理屈が合いません(再発の危険が高いままです)。では次に,動脈硬化を起す病気(=危険因子)があって小脳動脈が細くなり,そのため脳梗塞を起したと考えます。これは飽くまで脳梗塞の一種ですから,危険因子の検査・治療も平行して行わないと,やはり再発率が十分には下がりません。つまり脳梗塞そのものの治療に加えて,脳梗塞の原因の治療も一緒にして行く必要があります。このへんの検査などはどうなっているのでしょうか?

セカンドオピニオンでしたら,大学病院級の神経内科受診をお勧めします。そこで「右前下小脳動脈症候群」をしっかり診てもらってはいかがでしょう。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。