Q

教えてください!離れて暮らしている60歳の母のこと。

今年の2月に腸閉塞で緊急入院、
3月に直腸癌の手術をしました。

術前にすでに肝臓に多発転移がみられ、
手術は原発のみに行いました。
小腸の一部も一緒に摘出するくらい
腫瘍は大きくなっていましたが
原発はすべて取り除けたとの事でした(肛門温存)。
(手術日前日に麻酔の先生(?)から
「肝臓の数値が悪いので手術できない」と言われましたが、
担当の外科医の先生が肝臓の機能を高める点滴をして
予定日の翌日に手術をしました)

4月末からは5FU+アイソボリンの抗ガン剤治療を
週1回(計6回)2時間静注、
白血球の低下、体調不良のため入院などの
アクシデントに見舞われながらも
10月に2回目の抗ガン剤治療が終了。
CTでは大きなもの1つ以外の腫瘍のほとんどが
みえなくなっていました。

「手術できるかも」との主治医の先生のお話に
期待を持ちながら、もう1クール治療。
順調に治療が終わり、MRIの検査をしました。
結果は腫瘍は小さくなっていたものの
無くなってはいなかったとのことでした。
でも他に転移もなく、血液検査も良好だったそうです。

12月からこのまま抗ガン剤治療を続けるそうですが
今度は点滴か経口薬か選択してくださいと言われました。

先生方、どうか教えてください!
他に治療法はないのでしょうか。

抗ガン剤治療前に主治医の先生に
ラジオ波の事を聞いたところ、
成績が良くないので考えていないと言われました。

…その頃、色々な先生にお話を聞きに行きました。
●PMC療法の先生は
「PMCとラジオ波で徹底的に治療をする」。
●凍結療法を行っている先生は
「まだ臨床段階だが大腸癌肝転移で治療した方は
3年経ったが再発していない」。
●以前、悪性血管外皮種という脳腫瘍(完治)で
お世話になった国立病院では、
「抗ガン剤治療にアービタック、スアバスチンなども使う」。
●名に成人病の文字がつく病院では、
「いろんな方法があるがここでは言えない」。
●開業医はフコイダンの本を貸してくれました。

私的には凍結療法を試したいと思っているのですが
このままの治療で治るのならこのままでもいい、
どれもだめならPMCもいいかもと思っています。

凍結療法は効果があるのでしょうか、
このままの治療で今後手術ができる可能性が
出てくるのでしょうか、
またPMCは?他の治療法は?

長文ですみません、どうしても治って欲しいんです。

それから主治医の先生はどう考えていらっしゃるのでしょうか、
今後の事を聞いても「様子を見ましょう」と濁すばかりで
はっきりしたことはおっしゃらないそうです。

どうか教えてください。
どうかどうか宜しくお願いいたします。

質問者:はらこ さん

まえだクリニック 前田 正彦 先生
肝臓内科

プロフィールを見る

前田 正彦 先生

肝臓の動脈を造影して、抗がん剤を動脈内に注入する、肝動注療法があります。
また、その血管内の管を、皮膚の下に埋め込んだ、薬を注入する丸い小さなゴムの容器とつなぎ、定期的に抗がん剤を注入する動注リザーバーと言う方法もあります。
これらは、肝臓の局所的な治療ですが、抗がん剤は全身にもめぐります。
ただ、これらだけではなく、全身の化学療法との組み合わせや、経皮的な焼灼術との組み合わせも大切だと思います。
一人一人状態が違いますので、主治医の先生とよく相談して、一番良いと思われる治療法を選ぶ必要があります。

はらこさん

早速のお返事、どうもありがとうございます。

感謝の気持ちでいっぱいです!

主治医の先生から抗ガン剤治療をする前には

「肝臓に直接薬を入れる方法もあるけれど

薬が全身に巡る方法の方がいい」と言われ

「ラジオ波は成績がよくないのでするつもりはない」

と言われました。

主治医の先生は私からみれば(素人考えですが)

積極的な治療ではなく

延命的な治療をしているようにみえてしまいます。

今回はたまたま薬が効いたので

手術も考えてくださったみたいにみえてしまいます。

私が焦りすぎなのでしょうか。

じっくり治す病気だとはわかっていますし

母の全身状態も

考えてくださっているのだとは思うのですが

薬に耐性ができたら、他に転移してしまったらと

考えると…。

主治医の先生がおっしゃっていた

「肝臓に直接薬を入れる方法」というのが

masahiko先生がおっしゃられる方法の

どちらのことかわかりませんが

火曜日の診察の時にその話をして

先日のMRI等の結果と合わせて

主治医の先生も考えてくれるでしょうか…。

このまま静注を続けることになった場合

転院も考えた方が良いでしょうか?

ところでmasahiko先生は凍結療法に関して

どう思われますか?

通院している病院ではやっていないのですが、

ラジオ波が無理で手術も無理なら

ゆくゆくはこういう方法も考えたいと思うのですが

(まだ臨床段階だそうですが)。

PMC療法はあまり考えてはいませんが

先生からみて、どのように思われますか?

お忙しいのに本当にすみません。

私は素人でわからないことだらけで…

本当につまらない質問ばかりだとは思いますが

どうぞ宜しくお願いいたします。

前田 正彦 先生

抗がん剤の全身治療は、プラチナ系と言われる薬の中で、日本でも最近使うことが保険で認められたものが出ており、それを使った併用療法がなされています。
凍結療法は、私自身が施行した経験がありませんが、長期の結果はまだ分からないと思います。
ラジオ波焼灼術、マイクロ波治療、アルコール注入、凍結療法は局所的(その部分を治療する)な治療であり、極端に長期結果は変わらないと思います。これらの治療は、手術も含めてですが、個数とどこに転移しているかによって出来るかどうかが決まります。また患者さんの全身的な状態にもよります。
転移では、画像検査で検出されるものより、おそらく他にも潜んでいると考えられます。主治医の先生もそういうことを考えて、局所的な治療は一寸と考えたのではないでしょうか。いずれ多発再発するという考えだと思います。
今の治療が効いていて、効果が出ているのであればもう少し続行するのは問題ないと思います。
また、他が無くなって、残っているのが少なければ、局所療法を抗がん剤治療に併用することも、問題無いと思います。
しかしながら、転移ですので、局所療法のみで終わりという事はありません。
最終的には抗がん剤治療の継続と思われます。

はらこさん

お忙しい中またお返事を頂き

ありがとうございます!

そしてなにもわかっていない素人のつまらない質問に

丁寧答えてくださって本当にありがとうございます。

…そうなんでしょうね。

masahiko先生がおっしゃられるように

主治医の先生はいずれ

多発再発すると考えられているのでしょうね。

良い先生なんです、母も信頼していますし

とても慎重に治療を進めてくださいます。

でも治って欲しいので

もっと良い方法があるような気がして…

(僕は標準的な治療をしますと言い切っていらしたし)

このままでいいのか不安になってしまいます。

すみません…

本当は主治医の先生に

直接聞いた方が良いのでしょうが…

また質問です…。

●先生からの前回の質問に対して頂いたお返事で

肝動注療法や動注リザーバーの事を

教えて下さいましたが

局所的でも全身にも抗ガン剤がめぐるとのことですが

今おこなっている静注療法と

全身に対しての効果の違いは

あるのでしょうか。

●抗がん剤の全身治療で使われるプラチナ系の薬とは

どのような薬ですか?

オキサリプラチン等のことでしょうか?

これらを使った併用療法とは

やはりラジオ波等との併用ということでしょうか?

(オキサリプラチンに関しては

抗ガン剤治療前に主治医の先生から

「経験がないから使用は今は考えていない」

と言われました)

以前セカンドオピニオンをしたPMC療法の先生は

確か「リザーバー(?)をつけて、

動注と静注を状態をみながら行い、

ラジオ波で徹底的に治す治療をする」と

おっしゃっていました。

併用方法とはこういうことのことでしょうか?

●これもものすごく素人考えだとは思うのですが

主治医の先生は抗ガン剤治療の前に

「今の抗ガン剤が効かなくなったら次の抗ガン剤…と

徐々に強い薬に変えることになります。」

とおっしゃっていました。

例えば今の段階で少し強めの抗ガン剤を用いるなどして

腫瘍を減らしてしまって局所的な治療をする、

という方法はできないのでしょうか。

すみません、私はあまり賢くないので…

同じような事を何度も聞いてしまっていたら

本当にすみません。

どうか宜しくお願い致します。

前田 正彦 先生

肝動注療法や動注リザーバーは、局所的な治療が主なのと、使う量の問題もあり、全身の広がっているであろう癌にたいしては、今おこなっている静注療法とすると、効果は落ちるのかもしれません。
全身化学療法が、肝転移のコントロールに対して、悪いということも無いと思います。

保険適応になったプラチナ製剤とは、オキサリプラチンのことです。これらを使った併用療法とは、ロイコボリン、5FUといった抗がん剤の組み合わせです。これは、治療レジメン(メニューみたいなもの)が決まっています。他にイリノテカンという抗がん剤などもあります。

ラジオ波治療などの経皮的な局所療法と、抗がん剤の点滴治療を組み合わせるといった集学的治療(併用療法というと抗がん剤の組み合わせという感じです)も考えるのは結構なことだと思います。

遠慮なく主治医と相談されることだと思います。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。