教えてください!離れて暮らしている60歳の母のこと。

今年の2月に腸閉塞で緊急入院、
3月に直腸癌の手術をしました。

術前にすでに肝臓に多発転移がみられ、
手術は原発のみに行いました。
小腸の一部も一緒に摘出するくらい
腫瘍は大きくなっていましたが
原発はすべて取り除けたとの事でした(肛門温存)。
(手術日前日に麻酔の先生(?)から
「肝臓の数値が悪いので手術できない」と言われましたが、
担当の外科医の先生が肝臓の機能を高める点滴をして
予定日の翌日に手術をしました)

4月末からは5FU+アイソボリンの抗ガン剤治療を
週1回(計6回)2時間静注、
白血球の低下、体調不良のため入院などの
アクシデントに見舞われながらも
10月に2回目の抗ガン剤治療が終了。
CTでは大きなもの1つ以外の腫瘍のほとんどが
みえなくなっていました。

「手術できるかも」との主治医の先生のお話に
期待を持ちながら、もう1クール治療。
順調に治療が終わり、MRIの検査をしました。
結果は腫瘍は小さくなっていたものの
無くなってはいなかったとのことでした。
でも他に転移もなく、血液検査も良好だったそうです。

12月からこのまま抗ガン剤治療を続けるそうですが
今度は点滴か経口薬か選択してくださいと言われました。

先生方、どうか教えてください!
他に治療法はないのでしょうか。

抗ガン剤治療前に主治医の先生に
ラジオ波の事を聞いたところ、
成績が良くないので考えていないと言われました。

…その頃、色々な先生にお話を聞きに行きました。
●PMC療法の先生は
「PMCとラジオ波で徹底的に治療をする」。
●凍結療法を行っている先生は
「まだ臨床段階だが大腸癌肝転移で治療した方は
3年経ったが再発していない」。
●以前、悪性血管外皮種という脳腫瘍(完治)で
お世話になった国立病院では、
「抗ガン剤治療にアービタック、スアバスチンなども使う」。
●名に成人病の文字がつく病院では、
「いろんな方法があるがここでは言えない」。
●開業医はフコイダンの本を貸してくれました。

私的には凍結療法を試したいと思っているのですが
このままの治療で治るのならこのままでもいい、
どれもだめならPMCもいいかもと思っています。

凍結療法は効果があるのでしょうか、
このままの治療で今後手術ができる可能性が
出てくるのでしょうか、
またPMCは?他の治療法は?

長文ですみません、どうしても治って欲しいんです。

それから主治医の先生はどう考えていらっしゃるのでしょうか、
今後の事を聞いても「様子を見ましょう」と濁すばかりで
はっきりしたことはおっしゃらないそうです。

どうか教えてください。
どうかどうか宜しくお願いいたします。

person_outlineはらこ さん -

1名の医師が回答しています

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

関連リンク

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師