左変形膝関節症リハビリについて

person40代/男性

25年前の交通事故が原因で左足に変形がありました。
10年前に半月板手術を受けた経緯があります。

今年4月に再び痛みがひどくなり、左変形膝関節症と診断され、6月に大腿骨の骨切り手術を受けました。

9月から全荷重になり週二回リハビリに通い、現在に至っています。

また、骨の着き具合を良くするためにテイジンのセーフスを10月から使っています。

11月の診察でレントゲン撮影した時は問題が無かったので、仕事に復帰し、軽作業をしていたのですが、12月の診察でレントゲン撮影したところ、大腿骨の固定ボルトが7本中2本、膝関節に近いところに打ったものが折れていました。

主治医の先生の話しでは、骨切りで人工骨を入れている近い場所では無いし、想定内の事なので心配ありませんと言われました。

しかし、階段の下りと右向きで下肢を上げようとした時に出る痛みが今だに、和らぎません。

ロキソニンも今だに一日2錠服用しています。

ボルトが折れてしまう事は珍しくなく、問題ないのでしょうか?

また、この痛みは今後も、プレートを取り除くまで続いていくのでしょうか?

今、会社の産業医からは、診察に不安感があるなら、セカンドオピニオンも視野に入れて考えてみてはと言われいます。

善きアドバイスをお願いします。

person_outlineぺ ロ く ん さん -

1名の医師が回答しています

腰博士 先生

整形外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

30代/女性 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師