Q

バップフォーってどんな薬ですか?

初めて質問させていただきます。
私の64歳になる親父が尿漏れか尿詰りかでバップフォー20mgという薬をを処方されました。
以前、ハルナール0.2mgを最初に処方されたときに立ちくらみをすることがありました。それから、0.1mgに戻すとその症状はなくなりました。
今回処方されたバップフォーも10mgと20mgがあるみたいで、最初から20mgを処方されたのですがハルナールのときのようにいきなりおおきいほうの20mgから飲んで大丈夫でしょうか?なにか変な症状はでないでしょうか?

質問者:den さん

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

ほとんどの効果のある治療薬には、多かれ少なかれ副作用があります。

治療開始(服用後)はその副作用出現に注意され、出現時には治療を担当されているかかりつけの先生に相談しましょう。ハルナールの副作用の件については、担当医の先生に説明されているでしょうか?以前の副作用情報は重要です。

バップフォーは種々の原因による頻尿や尿失禁の治療薬です。適応症は神経因性膀胱・神経性頻尿・不安定膀胱・慢性前立腺炎・慢性膀胱炎・慢性膀胱炎などがあげられます。

ちょっと難しくなりますが
滑筋直接作用および抗コリン作用により膀胱の平滑筋を弛緩させて、治療効果を期待します。

抗コリン作用が、副作用として、困った症状をおこすことがあります。下記が、副作用情報として記載されています。

1.血液検査の異常 : AL-P・GOT・GPT・Cr・BUN上昇、白血球減少
2.消化器症状 : 食欲不振・吐き気・嘔吐、下痢、便秘、消化不良、腹痛
3.心臓 : 不整脈、胸部不快感(中止)、動悸
4.過敏症
5.目の症状 : 急性緑内障発作、眼調節障害
6.そのほか :幻覚、倦怠感、口渇、めまいなど一部省略

ただし、注意していただきたいのは、必ずしもこの症状がでるのではなく、でる人が「まれに」あるということです。その発生頻度で、専門的には「まれに」とか「ときに」とか言いますが、ここでは区別せずに一般的な意味で使いました。

副作用によっておこる有害事象と薬によって得られる治療効果のどちらが有利(得)であるかということが、副作用が出現したとき、その薬を使用するか・やめるかの判断の根拠になります。

hero2005 先生

滑筋直接作用 → 平滑筋・・・

denさん

返信が遅くなってすいません。いろいろと参考になりました。ありがとうございました。

わかりやすく説明する医師 先生
一般内科

わかりやすく説明する医師 先生

ハルナールはα遮断薬と言うグループに属する薬です。α遮断薬は血圧低下作用を持っているため、高血圧の人にも使用します。その血圧低下作用のため、立ちくらみなどのめまい症状が出現する人がいます。バップフォーの服用の仕方は、1日20mgを基本に薬を症状にあわせ増減します。1日最大40mgまで使用できます。主治医の先生は、基本に従い20mgからだしたと思いますが、副作用が心配だからと言って10mgから開始してもいいと思います。しかし効果は劣ります。主治医の先生と相談してください。バップフォーは、抗コリン剤に属する薬で、立ちくらみはでないと思います。多いのは、口の渇きです。この薬も色々な副作用があるため、これも主治医の先生に副作用一覧表をみせてもらい説明をうけてください。

denさん

返信が遅くなってすいません。ご返答ありがとうございました。

C.U.泌尿器科 先生
泌尿器科

C.U.泌尿器科 先生

ハルナールとバップフォーは本来逆の目的に使用する薬です。
尿失禁は括約筋が弱まったり膀胱が過剰に収縮したりして、
「大して貯まっていないのに漏れる」場合と、前立腺肥大などで
「膀胱に尿が貯まり過ぎで漏れる」場合など、様々な原因があります。
お父様が前立腺肥大症など排尿障害が主体の疾患だとすると
バップフォーは症状を増悪させる可能性もある薬です。
逆に、「尿が貯められない」疾患の場合にはハルナールは無効です。
製薬会社のネーミングで共に「排尿改善剤」などと呼ばれるため、
泌尿器科の専門知識のない先生が勘違いして逆の薬を処方する
事が稀にですが実際にあります。
充分に御確認なさる事をお勧めします。

denさん

返信が遅くなってすいません。ご返答ありがとうございました。現在、父は泌尿器科に通院するようになりました。

lupin 先生
泌尿器科

lupin 先生

C.U.泌尿器先生のゆうように
”バップフォーは前に述べましたようにαブロッカーではありません。
血圧が下がったりする事は先ずないと思って良いでしょう。
残尿さえなければ症状の程度に合せて10mgからでも20mgからでも
開始は問題ありません。ただし、あくまでも残尿が無い場合です。
もしも残尿があれば20mgでの開始は危険かも知れません。


きちんと受診される方がいいですね
バップフォーはいい薬ですが、あくまで薬です
毒にもなります。
(漢方も怖い薬もあります)

lupin 先生
泌尿器科

lupin 先生

まず検査をされてますでしょうか?
膀胱の排尿筋と前立腺(括約筋)の2つの要因で処方がされるものですのでまずは尿流量測定+残尿測定をされたほうがよいとおもいます。
残尿が多ければバップフォーは害になります。

denさん

ご返答ありがとうございます。
私も実家を離れて暮らしているのであまりよくわからないですが、おそらく内科で処方されたと思います。
検査はしているとは思いますがよくわかりません。
ハルナールは2・3年前に処方されていたと思います。
現在は逆に漏れる方のようです。

ちょっと、心配だったのはハルナールは最初に2mgをもらったときに立ちくらみをして1mgに変更してもらった後に2mgにまた増やしたということがあったので、バップフォーも最初は10mgで後に20mgに増やすようにしなければ副作用が出やすいのかと思ってお伺いさせていただきました。

C.U.泌尿器科 先生

先に書きましたが、排尿困難で残尿が増加している場合でも
尿失禁は生じます。残尿量は確認しないと危険な場合があります。
副作用に関してですが、ハルナールを始めとしたαブロッカーと
云う薬は、元々高血圧に対して開発された薬です。
その中で、特に排尿に関連するα1の阻害剤が泌尿器科で使う薬ですが
たまに血圧も下がってしまう場合があるのです。
一般的にハルナールなどα1ブロッカーは血圧降下が少ないので
通常(ハルナールで)0.2mgで投与を開始します。
バップフォーは前に述べましたようにαブロッカーではありません。
血圧が下がったりする事は先ずないと思って良いでしょう。
残尿さえなければ症状の程度に合せて10mgからでも20mgからでも
開始は問題ありません。ただし、あくまでも残尿が無い場合です。
もしも残尿があれば20mgでの開始は危険かも知れません。

lupin 先生

御返事ありがとう御座います
結論からいいますと
まずは病態を考え治療されるのが一番かと思います
前立腺肥大症であればTUR−Pなど必要です
残尿、上部尿路の確認、神経因膀胱の有無、PSAの確認、尿流量測定、ハルナールの使用歴、年齢などいちがいにこれとゆうことはありませんので
内科ではなく泌尿器科へいかれたほうがよいでしょう
お大事に!!

denさん

返信が遅くなってすいませんでした。ご意見を参考に、父には泌尿器科に通院してもらっています。ありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。