ラミブジン短期投与とインターフェロン治療について

lock有料会員限定

以前、インターフェロンの有効性について質問させていただいたのですが今一度、上記のことについてお伺いしたいことがあります。
素人なりに色々と勉強したりとできるだけ情報を集めたりしているのですが、併用治療とは私が解釈していたものとしてステロイド離脱療法をステロイドではなしに抗ウイルス剤のラミブジンを用いてウイルス量を減らし肝数値を一定まで下げたところで使用を中止しその反動でALTなどが上昇し体の免疫活動が活発になったのをインターフェロンで援護射撃するようなものだと思っていたのですが実際に治療をされた方では主にラミブジンの投与期間に開きがあるようで半年や二年に渡って服用されたというかたもいらっしゃるようでよく分からなくなってしまいました。
また、肝炎の診断後、半年経過しないとインターフェロンは使えないというのは正しいのでしょうか?では実際に主人の場合、ALTが70台を持続しており前回の検査で100になったのですが主人の場合は70の時点で軽い肝炎の状態であるので治療は可能なのでしょうか?
最後に、インターフェロンでの最大の副作用は鬱であると言われていますが鬱とは、薬の作用で鬱になりやすいのでしょうか?それとも治療を過酷さやその他の精神的要因でなりやすいのでしょうか?
長文になってしまいましたがお返事いただけましたら幸いです。

person_outline葵さん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師