Q

認知症

アルツハイマーと脳血管性の認知症はどう違うのですか?

質問者:sawasawa さん

秋山 森之進 先生
一般内科

秋山 森之進 先生

典型的な区別は,他の先生が書かれている通りです。

ですが両者の厳密な区別は難しくなりつつあります。アルツハイマーは,高脂血症や高血圧などの生活習慣病があると発生率が上がり,それらをしっかり治療すると発生率が下がるなど,脳血管性のような危険因子があることが解ってきています。認知症の様式も現実には典型的でないものが多くみられまず。

もともとアルツハイマーは,脳の細胞組織を取って顕微鏡検査で言われるようになったものです。それに対して脳血管性は,臨床症状などを中心にした診断で,細胞組織検査は不要です。定義の仕方がそれぞれ違う方法なので,はっきりとは区別できず,実際に両者が一緒に発症する人も少なくありません。

危険因子と予防的治療という観点では,両者はかなり共通点が多いのです。

dora 先生
腎臓内科

dora 先生

脳血管性認知症は小さな脳梗塞(脳血管が詰る)が原因で
アルツハイマーは脳の細胞が変化することで起こります

脳血管性では血圧の高い人に多く、症状に変化が多く
階段状に悪くなります。記憶も昔の事は良く覚えているが
最近の事は覚えられない(今日のご飯を食べてない!等)
尿失禁や麻痺を合併することがあります。
アルツハイマーでは人格の変化が強く
記憶も全般的に落ちます。何をやっているか、自分がどこに
いるか等も判らなくなることがあります。

いっち内科 先生
消化器内科

いっち内科 先生

アルツハイマーは脳そのものが萎縮して起こり、脳血管性痴呆は脳梗塞や脳出血で脳の細胞に酸素や栄養が届かなくなり起こる障害。
進行状況はアルツハイマーではなだらかに進行し、脳血管性痴呆は発作に合わせて段階的に進行します。

中井都子さん

ご回答ありがとうございました。最近夫が微妙に変なのです。こちらの印象を説明すればするほど食い違ってしまいますが、診察を受けて、無呼吸症候群の検査を受けるところまでこぎつけました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。