Q

糖尿病から骨髄炎

友だちが脊髄に 膿がたまり 骨髄炎になりました
糖尿病ですが血液のなかに ばい菌がはいったようです
抗生物質を1ヶ月 投与して 血液製剤も使い ようやく
膿がなくなったけど 痛みが とれず 今度は 神経ブロックをやるそうです いまだ車いすで 腰はコルセットをしています 糖尿病の怖さを まじまじ しりました
糖尿病のコントロ−ルがよくても 血液にばい菌が はいるのでしょうか

質問者:yokoyama さん

秋山 森之進 先生
一般内科

秋山 森之進 先生

糖尿病で感染症が起こりやすくなるのは,血糖コントロールが悪い場合です。血糖が悪化するにつれて,免疫反応全般が低下します。傷・怪我などの回復も遅れます。

実際の調査では,ヘモグロビンA1Cが8を超えると小さな怪我でも治るのが遅れ始める人が増えます。怪我が治らないと感染症のチャンスも増えます。10を超えると免疫力はガタ落ちになり,気管支炎で済むはずが肺炎になったり,腸炎で済むはずが腹膜炎になったりします。試験管の中で免疫細胞の働きを調べると,血糖200くらいから,もう免疫活動が下がり始めるそうですよ。

しかし,インスリンを使うなどして血糖を正常化すれば,これらの免疫異常は再び正常化します。1週間ほどの時差が出ますが。ちなみに,糖尿病ではない正常者でも,怪我をした所に直接インスリンをかけると,怪我の回復が早くなります。

ただし,血糖が今は良くても,昔悪くて合併症がひどいとやはり感染症は起きやすくなります。最も不利なのは,神経障害で足の感覚が鈍くなり(→怪我をしても痛くないので気づかないし,そのまま歩いてひどくなりやすい),さらに網膜症で視力障害がある場合(→怪我が発見しずらい)です。こういう方は,血糖コントロールをがんばる他に,毎日欠かさず足のケアが必要となります。

巽 暢男さん

定期健康診断で血糖値が高く、「糖尿病です。」の宣告を受けました。その時の血糖値は146.その後食生活に気をつけ、
減量して体重を6Kg落とした結果血糖値は125.
今も食事を一日1600Kcalに制限するよう努力しています。
効果的な食事療法を教えて頂きたくお願いします。
例えば「控えるべき食事」「推奨する食事」など。

いち内科医 先生

食事のポイントは、
1 腹七分目とする
2 食品の種類はできるだけ多く
3 脂肪は控えめに
4 食物繊維を多く含む食品(海草、きのこ、野菜)をとる
5 朝、昼、夕食を規則正しく、
6 ゆっくりよくかんで食べる
これらのことが大切です。

食品はバランスが大切で、炭水化物、たんぱく質、脂質のバランスをとり、適量のビタミン、ミネラルを摂取するようにします。エネルギーの50〜60%を炭水化物、蛋白質は標準体重1kgあたり1.0〜1.2gとして、残りを脂質でとります。食品の選択には食品交換表を用います。食品交換表ではエネルギー80キロカロリーを1単位としてとり扱っています。食品交換表はインターネットで検索できるでしょう。

食事の配分ですが、朝、昼、夕にほぼ等しいエネルギー量を摂取するようにします。体重測定は毎日ほぼ決まった時間(朝起きて排尿後や寝る前など)に測定するとよいでしょう。血糖値の変化と体重の変化で食事の内容、カロリーについて主治医と相談する必要があります。

マシマロDr 先生
消化器科

マシマロDr 先生

血にばい菌が入るかどうかは 糖尿病であることにあまり影響されません。健康な人でも長期間点滴の管を血管内に留置して、その刺入部が滅菌されていなければ、血にばい菌が入り、重大な感染症を引き起こします。確かにその回復については糖尿病でコントロールが悪いとなかなか治らず、命にかかわるようなことになるでしょう。
しかしながら、ばい菌のことだけでなく、コントロールが悪いままでいることは、三大合併症を始めとして長期的にはなんらいいことはないのです。自分の体・将来の生活を考えて、コントロールをがんばって下さい。

糖尿病専門医にあらず 先生
循環器内科

糖尿病専門医にあらず 先生

血糖のコントロールがきちんとできていれば(HbA1cで7.0以下を維持できていれば)、普通人と大差はないはず。
糖尿病を放置していた期間があれば、当然そういうこともある。
お友達がそうだったのかは分かりませんが、私の診療上の実感は、恐いのは糖尿ではなく、それを甘く見る患者の認識不足。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

糖尿病のコントロールが良くても骨髄炎は起こります。非糖尿病の人よりは感染を起こしやすいと思いますが、そう差はないと思います。細菌は経口、傷、腸内、膀胱などさまざまな部分から進入しますのでどこから進入したかの推定は難しいことも多いです。

dora 先生
腎臓内科

dora 先生

糖尿病のコントロールが悪いと感染の危険は増えます。
コントロールが良ければ、健康の人と比べ
大きな差はありませんが
糖尿病の合併症の神経症があると
怪我をしても気づかない(特に足先など)ことがあり
感染が重症化することがあります。

大阪 認定内科医 先生
消化器科

大阪 認定内科医 先生

糖尿は感染症が起こりやすいです。一つの原因としては血管障害によって免疫反応が十分きかないと言われています。当然コントロールの悪い人の方が感染しやすとは思いますが血管障害が起こってしまった後ではコントロールがよくても起こりますよ。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

糖尿病では、いったん感染症がおこると、その長期化や重症化が問題となります。また、感染症によって血糖のコントロールが不良になりがちです。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。