Q

腸ねん転で下痢が続いています〈再送〉

腸ねん転で小腸を1mほど切り、下痢が続いています。対応の仕方や考え方でサジェッション頂ければ幸甚です。
1.02/9手術。2ヵ月後退院。以降下痢〈1−5回/日〉。最近は便中、後渋り腹的な腹痛と水便が多い。
2.術後1年頃、便5回前後で消耗し近くの内科でチアトン、ガステール、ベリチーム、ラックビーを処方。3回程度に収まっていたが、1年後ぐらいにはまた元に戻る。
3.現在3−5回/日。腹痛〈30分ぐらい〉、水便多い。水分を取るとすぐ激しく腹がなり便意を催すこと多い。水便の多い時は、小便は非常に少なくなる。
4.下痢のほうがいいといわれおり、下痢は友達のつもりでいますが、回数が多いと苦しい。何らかのチェックをして行く必要があるのではと思いますが、どんなことをどこでしたらいいのでしょうか。この事例は少ないと聞いています。ご示唆いただければと期待しています。なを、手術は初めて、前立腺肥大〈経過観察中〉を持っています。

質問者:isann さん

tora 先生
一般内科

tora 先生

短腸症候群であれば,ベリチームのような消化酵素剤はどのくらい効果があるのかは少し疑問があります.症状をおさえていくという意味では,リン酸コデイン(100倍散)なんかもいいかもしれません.
下痢はたいへんですが,もっと大きな体調のトラブルという意味では先出の先生がいわれています,特定の物質の吸収不良による体調変化が気掛かりです.小腸のどの部位を切除されたかで,少し変わってきます(つまり,小腸の部位により若干吸収される物質が違う)ので,そのあたりも気掛かりですね.
ただ,手術された後は,そういう事を気にして,主治医は経過を追っておられると思いますよ.

isannさん

ありがとうございます。各先生方からご教唆を頂き自分の症状が少しは見えてきました。
遠いせいもありますが、その後下痢だけと言う事で経過を追っていません。近くの内科で下痢対応の薬はもらっていますが。
手術の部位は大腸直前で、小腸同士の接合代がとれず、直接大腸に接合したそうです。部位による吸収機能があるのですね。最近気になっているのは不整脈の頻度が増えていることです〈無関係とは思いますが〉。
退職後の気楽さから〈64歳〉下痢さえ何とかと思っていましたが、それだけではなさそうということですね。またご報告、ご質問できればと思います。ありがとうございました。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

水便が多いとのことですね。小腸切除後ですから、みずみずしいものよりはややゼリー状の水分(ウィダーインゼリー)などのほうが水便になりにくいと思います。下痢のほうがいいとはまったくそのとおりですが、水分や牛乳などでは下痢がおさまりません。そこで、牛乳ならばヨーグルトで代用するとか水はゼリーにして、ごはんもややどろどろとしたおかゆなどが良いのではないでしょうか?あとは、一回の食事量を少なめにしてはどうでしょう。また、疑問があれば質問してください。

isannさん

ありがとうございます。よく分かりました。先生からのご示唆など試みをしてみたいと思います。退院後は1、2Kgふえ、46−7Kgをうろちょろですが、下痢にもかかわらず大きくは変化していないのがまあまあと思っています。また、ご報告、ご質問ができればと思っています。ありがとうございました。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

チェックについては小腸が短めですから、定期的に血液検査を行って、鉄やカルシウム、マグネシウムなどのチェックを行うとともに下痢がひどいとのことですから脱水のチェックも行いましょう。尿の量に注目されているのはすばらしく、尿が減ってきた場合には、脱水のこともあります。(一概には言えませんが)いずれにしろ、下痢はきついでしょうから何とかして下痢の少ない生活を目指しましょう。

大阪 認定内科医 先生
消化器科

大阪 認定内科医 先生

水分は小腸、大腸両方で吸収されるので小腸が短くなったからといっても下痢になるとは限りません。大腸の精査はされましたか?炎症性腸疾患の存在を確認する必要があります。そのうえで、アドソルビンなどの止痢剤の併用をして下さい。あと、尿量が少ないのは脱水の症状ですからしかり尿量が確保できるように摂取、あるいは点滴をしてください。

isannさん

ありがとうございます。術後近くの内科でチアトン等の薬を処方していただいた以外何もしていません。精査とは内視鏡でしょうか?やはり1度チェックをしたほうがいいのでしょうね。脱水では意識して水を取るようにしています。それがまた水便につながるかと思いながらですが。水便が多くて小便が少ない、あくる日に突然という感じで小便が多くなることがあります〈こういう日は水便はない〉。大腸の水吸収能力にムラがあるのではと思うこともあります。
精査という意味がいろいろあるようでしたらお教え頂ければ幸甚です。ありがとうございました。

松山の専門医 先生
消化器内科

松山の専門医 先生

小腸の切除で短腸症候群といわれる状態ではないかと
思います。

isannさん

ありがとうございます。名前に驚いて調べてみました。該当するところがあるなあと。手術前51Kg、退院時45Kgを割っていました。その後食欲は結構あったのですが(食は細いほうでした)退院後は46−7Kgをうろちょろ。ここ1週間は食欲が少し落ち、暑さと下痢のせいか45Kgです。大きくは変化していないのがまあまあと思っていました。
いち内科先生のご返事なども参考にして試みをしてみたいと思います。また、ご報告、ご質問ができればと思っています。ありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。