ICA・IAAの検査はできますか

lock有料会員限定

身長153センチ・体重45キロの36歳の女性です。
発病からの経過は、下記の通りです。
2003年3月(33歳)、会社の健康診断で、血糖506、HbA1c11、四月に入院し、朝・昼・夕のインスリン注射、抗GAT抗体陰性・Cペプチド2.5、1ヶ月後注射なしで退院。先生からは、2型だと言われました。8月まで、A1cが6.5まで下がり、糖毒性がとけたせいだと思っていました。
2004年4月(34歳)、A1cが10になり再入院。インスリン注射(持続型)朝1回、1ヶ月後に退院するが、インスリン注射は継続。月1回、糖尿病外来に通院を続けることになりました。
2006年4月(35歳)、主治医が変わり、再び抗GAT抗体を測り、陰性。インスリン注射は、それまで朝1回(持続型)だったのが、それに加え、朝・昼・夕の即効型も増えました。
2006年10月(36歳)、再び主治医が変わり、Cペプチド0.3、抗GAT抗体陰性、緩徐進行型1型と診断されました。
30歳以下なら、健康保険でIAー2を調べられると聞きました。他の抗体はICA、IAAが陽性なら、最初から1型と診断され、もっと早い時期にインスリン注射の必要性を理解ができ、将来インスリンが枯渇されるのが防げたのかと思ってしまいます。Cペプチドは1以上にはなりませんか?一生インスリン注射が必要ですか?

person_outline満天さん
2名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師