Q

体外受精失敗後の生理

初の体外受精が失敗に終わりました。
生理が来たのですが、いつもよりかなり出血が少ないまま終わりそうです。
黄体ホルモンを内服薬、注射で多く投与して高温期も長かったのに出血が少ないという事は「内膜が薄かった」という事でしょうか?
今後の治療の参考にしたいので教えて下さい。
よろしくお願いします。

質問者:なな さん

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

採卵のとき、そして受精卵を戻すとき、子宮内膜の厚さも計測しているはずです。心配なことは担当医にお尋ねになりませんか。

体外受精での妊娠率、そして生児を得る確率は施設によって大きく異なります。なかなか、妊娠しないとき、妊娠といわれてもすぐに流産といわれるとき、疑心暗鬼になり、実際の事実とは離れた想像の世界で不安がたかまってゆきます。

体外受精をする病院では、コーディネーターやカウンセラーをおいているところもあります。人間の微妙な心理に触れる治療ですので、疑問に思うことを聞けないような病院なら、別の施設にかわられることをお勧めします。

hero2005 先生

排卵時期の調節のため、GnRHアナログを使用されましたか。点鼻薬です。長期間使用して、内因性のものを抑制する長期間使用する方法と、フレアアップという刺激効果を利用する短期使用法があります。長期使用すると黄体機能のサポートが必要となるため、黄体ホルモンを使用します。

黄体ホルモンの補充により、ある程度は高温相は維持できます。使用目的は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの比率にアンバランスがあると着床が起こりにくいためです。

このような現象を避けるためにも、たくさん卵が取れたときは、受精卵を凍結して、次周期に解凍した受精卵を戻すことも行われます。このようなことも説明してくれると思います。担当医に、お尋ねになるといいですよ。

ななさん

今回は自然周期での採卵でした。点鼻薬は使わず、内服薬と数回の注射によって卵を作り、2コ採卵し受精しました。OHSSは全くありません。
グレードは1と2、移植時の内膜の厚さは9mm以上ありました。その後も黄体ホルモンの補充を行い、具体的な数値は聞いておりませんが数度の血液検査により「各種ホルモン値に問題はありません」と言われていました。
「体外受精失敗後の生理は、ものすごく出血するよ」と知り合いに聞いていたもので、出血の少なさにちょっと心配になったのです。出血がなくても、ホルモン値が正常ならそれほど気にすることはないのですね。

「卵胞ホルモンと黄体ホルモンの比率にアンバランスがあると着床が起こりにくい」のですね。次回チャレンジでその点を重視して治療するようにしたいと思います。
ありがとうございました。

hero2005 先生

おそらくクロミッド+hMGというやり方で、これでうまく排卵するならOHSSが起こりにくいのでいいとおもいます。

「体外受精失敗後の生理は、ものすごく出血するよ」の理由は、過排卵をするとそれに伴い、たくさんんの卵胞が発育、そしてたくさんの卵胞ホルモン産生、過剰な子宮内膜の肥厚がおこります。このため、妊娠しないと、月経量が多くなります。あなたの場合は過剰な卵胞発育がなく、」採卵時の子宮内膜があまり厚くなりすぎてなかったことが、月経量の少なかった理由です。

ついでながら、つけたします。納得できましたか?

ななさん

お返事気づかなくてすいません。
大変丁寧な説明ありがとうございました。
納得いたしました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。