Q

直腸癌の温存治療の可能性について

78歳の父が直腸癌の手術をこの週末(23日金曜)に受けることになりました。

執刀医の先生の説明によると、直腸で発生した癌が肛門の部分に少し侵食しているとのことで、開腹して直腸を切り、肛門も会陰から切除して、人工肛門を作る他にないとのことです。 10人の専門医に症状を見せれば、全員がその方法を選択するでしょう、と言われました。 幸い他の臓器への転移は認められないとのことです。

父は眼も白内障を患っており細かい作業ができないので、ストーマで生活をすることになると、きっと毎日のケアにも不自由し、ストレスで寿命を縮めてしまうことになるでのはないかと心配です。
もともとプライドが高く頑固な父ですので、ストーマでは出歩くこともなくなり、じっと閉じこもって体を弱らせてしまうでしょう。 ストーマとの毎日に嫌気がさし、生きる気力も無くしてしまうのではないかと心配です。

23日の9時にオペの予定なので、いまさらじたばたすべきでもないとは思いながら、なんとか機能温存する手立てはないのだろうかと、どうしてもあきらめきれません。

できれば取り急ぎセカンドオピニオンを聞かせていただければ、たいへん助かります。
よろしくお願いいたします。

質問者:Yow さん

3人の医師からの
回答があります

ドクター キリコ 先生

ドクター キリコ 先生による、Yowさんの直腸癌の温存治療の可能性についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,600人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,600人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。