食餌(栄養の三要素)・ビタミン・ミネラルの必要性

lock有料会員限定

食餌の偏食・欠乏の影響>>
栄養三要素(蛋白質・炭水化物・脂肪)が言われ、ビタミン・ミネラルの摂取が健康維持に重要とされています。
質問は= 60才の男性。炭水化物を食餌拒否した時の健康維持への影響。栄養バランスの偏り(偏食)の食生活が健康・疾病に与える弊害について知りたい。
問題提示>
地球上には、ある種の肉食を禁じて草食推奨する医学者がいるかと思えば、栄養素の1つに挙げられる炭水化物(澱粉デンプン・糖質)の摂取厳禁を徹底して治療を施す者がいる。それに従って、炭水化物の摂取(米食・パン食・副食アメ玉お菓子類)を摂取しないで、2ヵ月以上を平気で健康に生活している人がいる。
その人は、蛋白質(肉類・魚類・牛乳・タマゴ・大豆タンパク)やチーズ類だけを食餌の主食に置き換えて、野菜類の摂取も抑えて炭水化物の一切を食べないで生活してきて、病院での血液検査でも異常がなかった。そのような食生活で人間の体調は医学的に栄養学的に健康が崩れませんか。
シロウト考えでは・・・蛋白尿の異常発現は?、コレステロール値その他脂質累積の増悪は?、などを案じます。
しかし、その一方で、炭水化物がなくても摂取された脂肪分が体内でエネルギー源となるグリコーゲンを生成しますし・・・、長期的な炭水化物を拒否する主食食事を続け栄養の三要素が崩れても問題はなさそうに思われます。
補足で、知人は3度の食事がパン食やご飯(米食)を主食にした一般的なバランスを考えた食餌を続けてきたが、専門家(医療系)の指導に従って、炭水化物を抜いた食餌で2ヶ月ほどを経過したが病院での血液検査(肝機能・白血球・赤血球・コレストロールその他)で、何ら異常値なしで健康上の違和感なしといいます。
考えてみると、エスキモーの肉食主食の例を思い出します。

person_outline梶原 久義さん

各回答は、回答日時点での情報です。最新の情報は、投稿日が新しいQ&A、もしくは自分で相談することでご確認いただけます。

1名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

あなたの周りにこんな方いませんか?

  • 約束や、用事をよく忘れる
  • 作業を順序立てられない
  • じっくり考えるのを避ける

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、31万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師