橋本病

34歳女性です。昨年の8月からのどの圧迫感、飲み込みにくさを感じて間もなく呼吸困難を起こしました。複数の診療科での診察・検査の結果、軽い喘息、慢性的過換気とそれに付随していると考えられる呑気、あと後鼻漏もひどいということで、現在それらの治療を受けています。のどの圧迫感ということだったので念のため検査したところ橋本病であることも偶然わかりました。その時の検査結果では、甲状腺機能の数値は正常範囲内なので半年ぐらいごとに血液検査をして経過観察するだけでいい、今ののどの圧迫感は橋本病とは関係ないと言われました。しかし、のどの圧迫感がなかなか取れないのと、甲状腺機能低下によって起こる症状のうち自分に当てはまるものが多いので気になります(甲状線腫大…これは以前の人間ドックですでに指摘されていたものです、肩こり、寒がり、便秘、食欲不振、著しい体重減少、無気力、だるさ)。来週血液検査(ホルモン分泌)を受ける予定ですが、その結果さえ良ければこれらの症状は甲状腺機能低下によるものではないと考えていいのでしょうか。血液検査だけでなく、専門医の触診や甲状腺エコーもした方がいいのでしょうか。お教えいただければ幸いです。

person_outlineウッドストック さん

1名の医師が回答しています

カプチーノ 先生

一般内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師