潰瘍性大腸炎の白血球除去療法について

56歳の男性で11年前に潰瘍性大腸炎を発症しました。最初は夏場に再発することが多く、約3ヶ月プレドニンとペンタサを服用し寛解するというパターンでした。しかし、最近では寛解する期間が短くなり、長期間薬を服用しなければならなくなりました。最初のころは年間プレドニンの量は1000から1500mgでしたが、ここ3年間は3000mg位服用しており累計では約26000mgになっています。最近、白血球除去療法が効果があると言われていますが、私の場合、やることができますか。また、やってみた方がいいのでしょうか。ちなみに、現在はプレドニン3錠服用し、出血は止まっており、便も正常です。
よろしくお願いします。

person_outlineトクトク さん

2名の医師が回答しています

tora 先生

一般内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師