Q

潰瘍性大腸炎の白血球除去療法について

56歳の男性で11年前に潰瘍性大腸炎を発症しました。最初は夏場に再発することが多く、約3ヶ月プレドニンとペンタサを服用し寛解するというパターンでした。しかし、最近では寛解する期間が短くなり、長期間薬を服用しなければならなくなりました。最初のころは年間プレドニンの量は1000から1500mgでしたが、ここ3年間は3000mg位服用しており累計では約26000mgになっています。最近、白血球除去療法が効果があると言われていますが、私の場合、やることができますか。また、やってみた方がいいのでしょうか。ちなみに、現在はプレドニン3錠服用し、出血は止まっており、便も正常です。
よろしくお願いします。

質問者:トクトク さん

2人の医師からの
回答があります

tora 先生

tora 先生による、トクトクさんの潰瘍性大腸炎の白血球除去療法についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,600人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,600人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。