Q

診察情報の研究や活動への利用・共有について(2)

症例検討会等、内内での情報共有・研究活動について教えて下さい。

精神科・診療内科の治療では、かなり個別の価値観・人生・秘密、等、深い内容に触れ、日記や過去の経験等の資料の提出もある場合があり、患者の人格権や著作権が意識されるくらいの内容を扱う事があるかと思います。正式な論文にする場合には本人確認が必要かと思いますが、症例検討会などでは、どうでしょうか?どれくらい無断で使われているのでしょうか?精神面の経緯やケアーを含めた個別の内容を研究会で発表する際の一般的倫理観について教えて下さい(個人が特定できる情報は隠されている事は既に前提で、内容の発表についての問いと考えて下さい。)。

臨床心理士の団体規定等を拝見すると、全ての人に承諾を得る必要があり、代表的な団体の一つは、研修での症例発表においても本人承諾が必要と明記記載していました。

精神科の医師においても、同じく、そうであると考えて宜しいですか?

それとも、個人を特定できる情報を隠した場合には、全く無断で使用され共有される事はありますか?

それは、許されていますか?

宜しくお願い致します。

質問者:A+B+C さん

1人の医師からの
回答があります

くま 先生

くま 先生による、A+B+Cさんの診察情報の研究や活動への利用・共有について(2)への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

    なし

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。