Q

急性前骨髄球性白血病再発自家移植について

2001年11月に発病。ベサノイドで寛解。その後3回地固め療法、その後5回の抗がん剤治療(維持療法)入院治療に約2年かかりました。その後はベサノイドを3ヶ月に一度2週間服用する生活を一年おくりました。2005年11月に骨髄検査した時は異常なしでした。しかし2006年7月に再発してしまいました。その後はトリセノックスを使用して現在では遺伝子レベルでの寛解になりました。今後は自家移植のためキロサイドを点滴して白血球がさがったらG-CSFの皮下注射をして白血球があがったら末梢血幹細胞採取する予定になっています。私が心配なのはG-CSFを使用してまた再発してしまうのではということです。4年前の治療のときは地固め4回めのときに白血球がなかなかたちあがらず、使用しました。今回も皮下注射をしたほうが幹細胞がたくさん採取できるためと説明はうけていますが不安です。皮下注射をしたほうが良いのでしょうか?また幹細胞というのは一度で採取できない人は多いのでしょうか?トリセノックスでよくなったので今後より良くしたいという思いはあるのですがG-CSFを使用することが不安です。回答よろしくお願いします。

質問者:花柄 さん

1人の医師からの
回答があります

hematologist 先生

hematologist 先生による、花柄さんの急性前骨髄球性白血病再発自家移植についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。