Q

みみずばれ

皮膚を引っかいたりすると、みみずばれの様になるのは、体質なのか、それとも何の問題もないのか、それとも何かの病気なのか・・・?教えてください。

質問者:パン さん

わかりやすく説明する医師 先生
一般内科

わかりやすく説明する医師 先生

皮膚をかくとみみずばれになるのを蕁麻疹といいます。蕁麻疹はアレルギーが関係している場合とない場合があります。しかし皮膚の肥満細胞から色々な物質がでて、蕁麻疹になる事には、かわりありません。肥満細胞から物質がでやすいとするところの体質といえます。みみずばれの原因は色々ありますが、その原因の事をしない事が1番の治療です。よくでる人は抗ヒスタミン剤を内服します。

パンさん

すみませんよく分からないのですが・・・。
肥満細胞とはいったい何なのでしょうか?
太った人から出る細胞ですか?
私はどちらかというと痩せているのですが・・・。

わかりやすく説明する医師 先生

肥満細胞と言うのはその細胞の中にヒスタミンなどの蕁麻疹をおこす物質がたくさん入っている細胞の事です。肥満とは関係ありません。人間全員持っています。この細胞からアレルギー物質が出できて皮膚に蕁麻疹が出きるのです。この細胞を刺激するとこの細胞からアレルギー物質が出て蕁麻疹になります。つまりこの細胞を刺激しなければ蕁麻疹はできません。刺激には色々あります。薬、食事、皮膚をかく行為などです。その行為をしても蕁麻疹のできる人もいれば、できない人もいます。それがいわゆる体質です。

パンさん

先生、何度も回答をくださり、ありがとうございます。
しつこいのですが、もう一度聞いてよろしいでしょうか・・・?
ヒスタミンとは、一体どんなものなのでしょうか?
ではなぜ、私はヒスタミンが特に多いのでしょうか?
よろしくお願い致します。

わかりやすく説明する医師 先生

ヒスタミンは蕁麻疹やアレルギー性鼻炎や気管支喘息の原因である色々な物質の一つです。他にも色々な物質がありますが、1番有名で一般の人が知っている物質です。このかぜ薬には抗ヒスタミン剤が入っているとよく言いますが、抗ヒスタミン剤はヒスタミンを出さなくしたり、ヒスタミンの働きを弱める薬です。肥満細胞からヒスタミンなどの色々な物質が放出されアレルギー反応がおきます。ヒスタミンが多いわけでなく、肥満細胞からヒスタミンなどが少しの刺激で放出されやすいのです。肥満細胞を刺激してもヒスタミンが出ない人もいます。どうして放出されやすいのかを、研究者は研究して、放出されない様にする薬を開発しています。

パンさん

先生、度重なる回答、ありがとうございました。
細胞だとか、ちょっとその様なものは私にとっては難しいのですが、でもとてもためなりました。
ありがとうございました!

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。