Q

ヘルニアの友人がなんだかいらいらするようなのですが・・・

最近、ヘルニア(だと思います。動けなくなり1日入院しました)が急激に悪化した友人が、なんだかとてもいらいらする、というのです。その人はここのところ不幸続きなので精神的に参っている可能性もあるのですが、腰の神経が圧迫されているためにいらいらすることもあるのでしょうか?もし、神経が圧迫されているせいならばどういう治療をしたらいいのでしょうか?
車にのって営業をしているので、どうしても腰に負担がかかるようなので、予防法などもありましたら教えてください。

質問者:とも さん

waterfall 先生
整形外科

waterfall 先生

椎間板ヘルニアが神経を圧迫することは多いですが、腰神経を圧迫することが直接いらいらの原因にはなりません。
おそらく、痛みで動けない、仕事ができない、ヘルニアなんかになった、といったマイナス面と続いた不幸からいらいらしているのでは?
まずは痛みをとることが心の安らぎになると思います。麻酔薬を圧迫された神経周囲に注射するブロックが良いと思いますが、こればかりは治療方針が医師によってまちまちですので出来るかどうかわかりません。
予防としては、運転姿勢は腰に負担がかかりますので、最初に車に乗ったときのことを思い出して、教習所乗り(深く座ってシートバックは立てて)で、シートの高さを調節して、体重をお尻だけではなくてお尻から太もも全体で受けるように、座るようにしてください。決してヤンキーのようにシートバックを寝かして運転してはいけません。
ずーっと同じ姿勢で運転するのもいけません。赤信号中は、サイドをひいてから、もぞもぞ腰をずらしたりしてください。乗り降りするときは、和服を着た女性のように上品にお尻を軸に回転しましょう。

糖尿病専門医にあらず 先生

個人的な話で申し訳ありませんが、私の腰痛(ヘルニアではありませんが)も、レカロにかえたら劇的に症状が軽減されました。
専門の先生の後に、専門外の人間がつたない知識でものを言うのもなんですが、もし、肥満がある方であればその改善と、腹筋、背筋の強化、ハムストリングスのストレッチなど、急性期を過ぎたらおやりになれば、さらに宜しいかと思います。ただ、腹筋、背筋の強化はフォームを間違えるとかえって腰をいためますので、きちんとした指導を最初にお受けになった方が良いです。

ともさん

早速のお返事、ありがとうございます。私は車の免許がないのでわからないのだと思いますが、レカロ、てなんでしょうか?いすの座り方のことなんでしょうか?
教えていただいた運転中の姿勢のことは今度ぜひ友人に話そうと思います。

ともさん

返信、ありがとうございます。友人はどちらかと痩せ型で、高校時代はバトミントンをやっていました。本人いわく、腹筋はつよくても、背筋がむかしから弱いようです。ところでヘルニアの急性期というのはどのくらい続くものなのでしょうか?

waterfall 先生

コルセットは私も賛成です。
硬いからだが余計に硬くなるわけではありません。コルセットをつけながら、入浴後のハムストリングスのストレッチ(脚を伸ばして前屈する)を一日5分続けてみてください。コルセットによる障害は気にしなくても良いと思います。それよりもヘルニアによる痛みや再発予防が出来る方がよほどメリットがあるように思います。一日中つけるわけではなく、作業をする時とか腰に負担のかかりそうなときに装着するように勧めています。
レカロというのははシートのメーカーの名前です(イタリア)。今は国産車でもスポーツ志向の車に標準で装着している車もあると思います。昔から人間工学を考えた・・云々というシートで、腰痛に良いと評判です。結構高価ですが、シートレールという取付金具を変更すれば、車を買い替えても取り付けられるので(全ての車にというわけではありませんが)、損はしないかと思います。スポーツ気分にも浸れますし。イライラが落ち着いていくと良いですね。
ヘルニアの急性期の期間ということですが、症状が生活に支障が出るくらい強いということでしたら人によってまちまちです。安静だけで数日でよくなる人、ブロック注射などの治療ですぐに良くなる人、なかなか治らない人。手術以外のいろいろな治療をしても2週間ほど歩けず入院されていた方もみえます。入院するほどの痛みだったようですが、ブロック注射にて日常生活を送るくらいにはすぐに回復すると思いますよ。相談されてみてはどうでしょうか。
早く良くなることをお祈りいたします。

ともさん

たくさんのアドバイス、本当にありがとうございます。友人の話を聞いても様子がよくわからずとても心配だったのですが、先生にお聞きしてなんだか希望が持てました。教えていただいたことを早速友人に知らせます。ほんとうにありがとうございます。最後に、仕事が忙しくお礼が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

いらいらについてはご想像どおり、精神的にかなり参っていることからきているのでしょう。治療は、MRI検査などを行って脊髄の圧迫が強いのであれば、外科的に圧迫の原因を除去する必要があります。その他程度によってコルセットのようなもので、姿勢を矯正して患部への負担を少なくするなどの方法があります。

ともさん

返信ありがとうございます。MRI検査は受けたようなのですが、結果はきいていません。ただお医者様からは体が硬いために腰に負担がかかっているといわれたようで、本人はコルセットはさらに体を硬くするようだから使わない、といっていました。いらいらは腰とは関係ないことがわかったので、話だけでもきいてあげようと思いました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。