コレステロール低下作用と紅麹

person50代/女性 -

lock有料会員限定

悪玉コレステロールの低値について違うカテゴリにも相談させて戴いていますが、紅麹については触れませんでしたのでこちらでお聞きしたいのですが宜しくお願いします。三年間前にTIAを起こしました。その際の悪玉コレステロールが170 善玉が62でLH比が2、7でしたので、紅麹が悪玉コレステロール低下に良いと知り薬局より購入しました。初めの3ケ月は六粒でモナコリン含有1ミリでその後は3粒飲んでます。ですからモナコリン含有は0、5です。クリニックからの処方はエパデール900とパントシン錠です。TIAを起こしてからは食事に気をつけてウォーキングしたりで体重を一年間で7キロ落としました。腹部周りも10センチ以上減りました。そのせいとエパデールの効果と紅麹の効果もありなのか一年後には悪玉コレステロールが78 昨年は70今年は60でした。昨年迄は主治医にも頑張っているねと言われてましたが、今回は悪玉コレステロールが基準値より低かったのでパントシン錠を出さないと言われました。パントシン錠もコレステロールを下げるからだそうです。又、悪玉が多分今の数値より下がるか基準値にならない場合の時にはと言う事と思いますがエパデールも現在の900~600に変更するみたいです。恐らく来年の血液検査次第だと思いますが。私的には紅麹のモナコリン含有量が少ないので悪玉コレステロール低下にさほど影響ないかと思うのですが紅麹服用は止めた方がよいでしょうか?それとも更に量を少なくして服用続けた方がよいでしょうか?宜しくお願いします。

person_outlineまっちゃんさん
1名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師