Q
解決しました

溶連菌感染の可能性と対応について

長女(7)が9月15日から発熱があり、小児科を受診しました。喉が赤いが、熱もすぐ下がるだろうとのことで常時服用しているキプレスに加え、ホクナリンテープを使用して様子を見ていましたが、朝には解熱、夜には38℃という状態から改善しませんでした。
18日に再受診し、点滴と採血、メイアクト(3日分)の処方を受けました。状態はあまり変わりませんでしたが、連休だったため、安静に過ごし、24日に平熱になりました。
9月26日から次女(3)が発熱し、同じような症状で受診し、咽頭炎との診断でしたが、病児保育施設で熱が高すぎると心配され、検査したところ溶連菌(+)でした。
長女も溶連菌だったのでは?と合併症のこともあり気になります。もう一度受診するべきでしょうか?
(10歳未満/女性)

質問者:かほはる2 さん

8人の医師からの
回答があります

yanagimd 先生

yanagimd 先生による、かほはる2さんの溶連菌感染の可能性と対応についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

こどもの病気・症状特集

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。