Q

成長ホルモン不全(下垂体機能低下症)の妊娠について

1年前の出産の際、癒着胎盤の出血でシーハン症候群になりました。
大学病院の内分泌内科へ通院中です。
ACTH、TSH、GH、プロラクチン の不足があり、コートリル10mg・チラージン25mgの服用を開始しました。
GHに関しては一番重症のようで、HGHの値は0.1(30分安静後に採血)。

倦怠感が強く、医師からは成長ホルモンの自己注射をはじめるように言われていますが、この注射をすると妊娠は禁忌のようで、第二子を希望していたため、まだ注射には踏み切れずにいます。
倦怠感に関しては当面は漢方などでなんとかしのいで妊娠を希望したいのですが、
ただ、成長ホルモンがこんなに低値だと、妊娠すること自体がないのでは?とも言われています。
(43歳になったので年齢的にも厳しいかもしれませんが・・・ちなみに前回は41歳で自然妊娠でした)
妊娠できたとしても継続が難しい、また一番恐れているのは胎児への影響で、成長ホルモン不全の母体が胎児に与える影響(発育しないとか小人症になるなど・・・)考えてしまうのですが、医師からは、このような症例がなさすぎて何とも言えない、ということでした。

他の先生のご意見もお聞きしたいのですが、何かこのような症例・情報等あれば教えてください。

また、禁忌とされていますが、成長ホルモン注射をしている場合での妊娠・出産などの情報もあれば教えてください。
(40代/女性)

質問者:as さん

1人の医師からの
回答があります

星明かりの自由医師 先生

星明かりの自由医師 先生による、asさんの成長ホルモン不全(下垂体機能低下症)の妊娠についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。