Q
解決しました

頸部転移リンパ節巣からの近接頸静脈への浸潤リスク

病歴、治療経過:顔面SCC全摘(5年前)→頸部リンパ節転移RTx(2年前)→胸鎖乳突筋部での再発(6ヶ月前)
質問です。本年9月の造影CT検査で、頸静脈近接で転移リンパ節巣があるとの所見です。これは病勢進行で、1.頸静脈に浸潤・発育→2.頭蓋内への浸潤、と進行するリスクを意味するのでしょうか?現在、RTx終了後、ア―ビタックス(Cetu)治療継続中です。(同腫瘍縮小効果は維持、Cetu投与80週)
(70代以上/男性)

質問者:梶の原定生 さん

2人の医師からの
回答があります

相談医師 先生

相談医師 先生による、梶の原定生さんの頸部転移リンパ節巣からの近接頸静脈への浸潤リスクへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。