Q

APL(M3)の再発率と検査や治療法について

2013年1月に急性前骨髄球性白血病を発病、B群で寛解導入より抗ガン剤とベサノイド、地固め3回実施、地固め1回目終了後FISH法で陰性、同年7月に退院して、8月よりベサノイド定期服用のみの維持療法を二年間、現在3カ月毎に通院し採血検査を受けています。

⑴発病から2年10ヶ月目の今現在の再発率は何%ぐらいなのでしょうか?
軽い頭痛がしたり手足に痣を見つけると初発の頃を思い出してしまいます。主治医に聞いても、(再発は)あまり多くないというばかりです。

⑵同じ病気の方でも人によって退院後の治療や検査に差があって疑問に思っています。どういう基準で治療や検査を行うものでしょうか?
・マルク(退院前は半年に一度くらいすると聞いたように記憶するのですがいまだ一度もしていない、痛いので積極的に受けたくない為、主治医に聞きにくい)
・服薬(ロイケリン酸やメトトレキセートの処方無し)
・wt-1検査無し(外来受診すると、主治医は変わりのないことを尋ね、採血検査結果表から各血球の数値をカルテに書き取って3分くらいで終了します)
(30代/女性)

質問者:ポチ さん

3人の医師からの
回答があります

あとむ(一般内科) 先生

あとむ(一般内科) 先生による、ポチさんのAPL(M3)の再発率と検査や治療法についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。