Q
解決しました

妊娠初期の黄体ホルモン注射

いつもお世話になっております。

妊娠8~11週にかけて、たびたび鮮血の出血があったので診察してもらったのですが、11週の診察時の処置として、黄体ホルモンの注射を打ちました。

その効果か、時期的なものかはわかりませんが、その後は出血がほとんどなくなりました(おりものが薄く茶色になる程度)。

12週の診察時にその旨を話すと、注射が効果があったのかもしれないから、と、再度黄体ホルモンの注射を打たれました。

しかし、いろいろ調べてみると、8週以降の黄体ホルモンの大量投与は、胎児が女児だった場合は男性化の恐れがある、とか、催奇性の恐れがある、とあり、大変不安になりました。

1週間あけて2回注射をしたのですが、大丈夫でしょうか?
また、3度目以降は打たない方がいいでしょうか?
(40代/女性)

質問者:にゃんこ隊長 さん

3人の医師からの
回答があります

hero2005 先生

hero2005 先生による、にゃんこ隊長さんの妊娠初期の黄体ホルモン注射への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。