Q
解決しました

下鼻甲介の新生物

「病状部位」下鼻甲介からの鼻中隔への新生物
「症状」自覚症状なし
「耳鼻科受診歴」小2年から中3年までほぼ毎日、鼻血をだしており「慢性アレルギー性鼻炎」で通院。のち通院歴なし
30歳から受けている2年に1度の半日ドッグでも他の異常なし
「検査」ファイバースコープ・CT・問診・血液検査
「医師の診断」
1・鼻中隔にある軟骨が一部欠損しており、下鼻甲介から鼻中隔まで伸びている新生物が癌化してのものなのか以前から破損しているものか判断できない。(初めて行った耳鼻科院ゆえ)
2・血管収縮剤を新生物に吹きかけたところかなりの収縮が確認された。
3・画像では新生物は血などにじまず白くてシメジ群のようにぷにょぷにょしていてみずみずしい
4・鼻の外側及び確認できる範囲の骨はCT画像を見る限り綺麗でしっかりしている
5・血液検査は異常なし
6・蓄膿症などの他の鼻の病状の異常は一切認められない
7・「念のため」「数年後にあったのにと言われても困る」「この場所(下鼻甲介だと)では」「精密検査は1・2ヶ月以内ぐらいならいつでもいいです」など、ポジティブに考えられるような発言もありました。
「結果」片方からの新生物及び鼻中隔の欠損不明により精密検査
「質問」
1・紹介状(腫瘍疑)と書かれてましたが良性・悪性・鼻茸などを含め、どのような病状が考えられますか?
2・限られた情報ですが先生方はどちら(良性・悪性)を疑われますか?
3・鼻の軟骨の欠損は知り合いでも数人いますが珍しいことなのですか?
4・良性・悪性でも手術はされるのでしょうか?手術なら入院が必要でしょうか?
自営で子供も小さく妻も病弱のため自分が倒れるわけにもいかず不安な毎日を過ごしております。気持ちや頭の整理をしたいがため、再度の質問になりますがよろしくご指導いただきたく存じます。
(40代/男性)

質問者:嵯峨野草原 さん

2人の医師からの
回答があります

神奈川の耳鼻科医 先生

神奈川の耳鼻科医 先生による、嵯峨野草原さんの下鼻甲介の新生物への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。