Q

乳がん、術後と病理検査結果の腫瘍径の違い

母が乳がんと診断されました。
術後主治医から取り出したしこりは23mmと説明され、断端陰性と言われましたが、病理検査の結果の説明の際紙には27mmと記載してあったそうです。
これはしこりとして確認できるのが23mmで、顕微鏡で確認できる広がりが4mmあったという事でしょうか。
ステージが変わるわけではありませんが、腫瘍の大きさで予後が変わると聞きます。
思いのほか大きくショックです。
画像診断で2cm大だったため医師も温存手術を選択したのですが、これがもし広がりが大きく3cm以上だったら再度全摘手術を行わなければならなかったのでしょうか。
教えていただきたいです。
(20代/女性)

質問者:ゆみこ さん

4人の医師からの
回答があります

温泉医者 先生

温泉医者 先生による、ゆみこさんの乳がん、術後と病理検査結果の腫瘍径の違いへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。