Q
解決しました

肝細胞癌の治療で、肝動脈塞栓術

C型肝炎から肝細胞癌の再発について。ご教授お願いします。
35年程前からC型肝炎を患っており、5年前に肝細胞癌となりました。
その時は切除手術を行いました。
しかし先日がんの再発が見つかり(大きさは15ミリ程度、個数はMRIで一つと確認)来月頭に手術します。
手術方法は、肝機能の低下が見られるため、肝動脈塞栓術にて行うとのことです。
しかし、肝動脈塞栓術の5年生存率は他の手術方法よりも低く、20パーセントしかないとのデータも見ました。
血小板4.2
child分類?はBです。
ガンの場所をCTで見ると、下の隅に少しだけ点のような影が見えました。

肝動脈塞栓術はなぜあのような生存率なのですか?
このまま手術しても大丈夫なのでしょうか?
(60代/男性)

質問者:NEKO さん

2人の医師からの
回答があります

TKJ 先生

TKJ 先生による、NEKOさんの肝細胞癌の治療で、肝動脈塞栓術への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。