Q
解決しました

黄色ブドウ球菌による感染症について

母62歳がベーチェット病にかかり、入院中です。点滴の針から黄色ブドウ球菌の感染症にかかり、一時高熱と血圧低下などの、症状に見舞われましたが、数日後には血液中からバイ菌はいなくなりましたとの検査結果を頂きましたが、すぐに眩暈やふらつき食欲減退の症状が出て、MRIの検査をした所、ブドウ球菌が脳に何ヵ所か飛んでいて、引き続きバンコマイシンの点滴を続ける治療をしています。
脳への影響がわかってから、2週間。
母の眩暈やふらつき食欲減退はまだ改善されておらず、会話もままならない状態ほぼ寝て過ごしております。最近の血液中からは菌は検出されなかったようですが、ベーチェット病のステロイドの投薬もあり、持病で糖尿病もあるので、一筋縄では行かないのは理解していますが、黄色ブドウ球菌による、感染症が脳にも見られた場合、回復にはやはり時間がかかるのでしょうか?よろしくお願いいたします。
(30代/女性)

質問者:CoCo さん

5人の医師からの
回答があります

中浜 誠 先生 プロフィールを見る

中浜 誠 先生による、CoCoさんの黄色ブドウ球菌による感染症についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。