Q
解決しました

子宮頸管縫縮術の可否について

お世話になっております。

絨毛膜下血腫による出血が妊娠判明時から続いていたため、かかりつけの個人病院から総合病院での診察を進められ、受診しました。

すると、感染などはないが、絨毛膜下血腫による出血で頸管が短くなって、1cmくらいしかない、とのことでそのまま13w5dで入院になりました。

その後、出血はかなり治まり、トイレで拭いた時に、時々見えるか見えないかの薄い茶おりがティッシュにつくくらいで、まったくつかないこともあります。
現在15w1dです。

上の子の世話を頼んでいる人が都合的に限界になったこともあり、私はできる限り早く退院したく、そのためには頸管の長さ的に、頸管縫縮術をした方がいいと思っているのですが、先生は「出血がまったくなくなって、一週間くらい経たないと縫縮は無理だし、20週越えたらやりたくない」と言われています。

本当に、極微量の茶おりがあるだけでも縫縮は無理なのでしょうか?
また、20週越えたらできないものですか?

こちらの先生は臨月まで入院させたいみたいですが、現実問題としてそれは無理なので、途方にくれています…
(40代/女性)

質問者:にゃんこ隊長 さん

3人の医師からの
回答があります

星明かりの自由医師 先生

星明かりの自由医師 先生による、にゃんこ隊長さんの子宮頸管縫縮術の可否についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。