Q

子宮異形成

先日、子宮頸がんのコルポ診で以下の結果が出ました。
頸部三箇所
1-3同様の像扁平上皮の表層の一部にkoilocytotic atypiaが観察される。#2で見られる頸管腺に異型は観察されない。LSIL(CIN1)に相当します。

となっていますが、koilocytotic atypiaとはどうゆう意味ですか?
また、頸管腺に異型は観察されないとゆうことは、異形成はなく、安心して良いと言うことでしょうか?
uterine cervix,biopsyとの記載もありましたが、これもどのような意味を持つのでしょうか?

細くなってしまいましたが、ご回答よろしくお願いいたします。
(30代/女性)

質問者:くるみ さん

2人の医師からの
回答があります

星明かりの自由医師 先生

星明かりの自由医師 先生による、くるみさんの子宮異形成への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。