Q
解決しました

頸静脈近接の頸部リンパ節腫大による大出血リスク

CT検査で、「境界不明瞭な腫瘤が頸静脈に近接して存在する」との診断を受けました。腫瘤は転移性皮膚癌(RM SCCHN,原発巣は顔面潰瘍 最長軽:13mm、5年前全摘、断端:陰性。3年後、頬リンパ節に再発、1年前、頬リンパ節と頸部リンパ節に再発。この転移巣に対し、放射線治療60Gy+40Gy、ア―ビタックス(Cetu併用ー90週継続投与、早期奏功、再発巣→完全奏功CR 。SCCのCetu感受性は現在も維持。
相談:SCCの血管浸潤による大出血の予兆はありますか?ご指導よろしく、お願いいたします。
(70代以上/男性)

質問者:梶の原定生 さん

9人の医師からの
回答があります

耳鼻太郎 先生

耳鼻太郎 先生による、梶の原定生さんの頸静脈近接の頸部リンパ節腫大による大出血リスクへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。