Q

右前大脳動脈に窓形成及び紡錘状拡張とは

脳ドックを受けました。頭部MRI検査で『両側大脳深部白質にT2強調像/FLAIR像で高信号域が散在している。拡散強調像で高信号を示すものではない。慢性虚血性変化/加齢性変化の所見。1年後の再検査をお勧めします。』とあり、さらに頭部MRA検査で『右前大脳動脈に窓形成があり、片側が2.7mmほどに紡錘状に拡張している。主要血管に狭窄や口径不同はない。精密検査が必要です。』とありました。結果について、受診をする予定ですが、それまでの間、不安です。所見の内容も意味がわからず、大きな病気なのかと心配です。今、44歳ですが18歳くらいから頭痛持ちでした。
(40代/女性)

質問者:コロコロ さん

7人の医師からの
回答があります

新潟の皮膚科医 先生

新潟の皮膚科医 先生による、コロコロさんの右前大脳動脈に窓形成及び紡錘状拡張とはへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。