Q

義父の肺がん、肝臓転移・動脈瘤の治療方針について。

元気だった義父が体調を崩し、肺がん、肝臓がん、右内頸動脈瘤があることが分かり、ショックを受けています。諦めるしかないのでしょうか。
 
>状況・主治医の話
・PET-CTの結果、明らかなものでは肺がん2〜3cm、肝臓転移9cmあり。
 他への転移は専門医の読影待ち。
 肺がんの位置は右肺野中葉右端。
 肺がんの種類は痰の検査結果待ち。
・右内頸動脈瘤10mmも見つかった。
・肋骨の下辺りに激しい痛みがあったが、通常の痛み止めで抑えられている。
 癌性疼痛だろうと言われた。
・余命の判断はしていない(でも1年持たないというニュアンスの言葉はあった)
・現在入院中だが痛みが収まり一人で歩け、元気な状態。
・転移があるため手術、放射線治療は不可。
・抗がん剤治療も効果は期待できず、気休め程度。
・動脈瘤は破裂しやすい。治療を希望するなら他院を紹介するが、動脈瘤で入院し、再度がんで入院というのもおすすめしない。
・元気なうちにすぐにでも退院して良い。
 
>質問
 
・「すぐにでも退院して良い」というのは、要はもうお手上げ状態と思った方が良いのでしょうか。
・完治は望めないとしても、苦しまない方法で延命のためにできることは何があるでしょうか。
 ・放射線治療は本当に不可なのか?
 ・分子標的薬も気休め程度にしかならないのか?
 ・肝臓にラジオ波焼灼療法は適応できないか?
 ・肺がんへの免疫チェックポイント阻害薬が年内承認見込みらしいですが、承認=保険適用なのか?
・動脈瘤も放置するしかないのでしょうか?
 
以上、よろしくお願いいたします。
(70代以上/男性)

質問者:Navel さん

6人の医師からの
回答があります

ゆっくりのんびり 先生

ゆっくりのんびり 先生による、Navelさんの義父の肺がん、肝臓転移・動脈瘤の治療方針について。への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。