Q
解決しました

肥厚性瘢痕の治療について

今年9月に耳下腺多形腺腫摘出術を受けましたが、傷の治りが遅く1ヶ月ほど前こちらで相談させて頂いた者です。その節はお世話になりました。
その後ドレーン孔の感染は落ち着き、傷も塞がりました。11月上旬に受診した際には、ドレーン孔は問題なし、S字切開部分は少し赤みと盛り上がりがあるがケロイド体質とまではいかないので、年明け1月に再受診となりました。
しかし1週間ほど前から、S字切開した傷がさらに赤く盛り上がり、ズキズキして突っ張りが酷くなったように感じます。
肥厚性瘢痕という状態だと思われますが、11月上旬の診察時には痛み等の自覚症状が少なかったためか特に処置もなく、主治医も少し様子を見ましょうとの判断でした。次回は1月に受診予定ですが、現在の症状(痛みと突っ張り)が辛く、週明けに一度主治医(耳鼻科)に相談しようか検討しています。しかし結局は経過観察に終わるのではとの思いがあり、躊躇しています。この場合、やはり経過観察になることが多いのでしょうか。
ご指導よろしくお願いいたします。
(20代/女性)

質問者:みんみん さん

7人の医師からの
回答があります

cosmo 先生

cosmo 先生による、みんみんさんの肥厚性瘢痕の治療についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。