Q
解決しました

ABR、ASSR再検査結果と今後について

難聴疑いの赤ちゃん生後4ヶ月です。

今までの経緯
A病院
生後1ヶ月ABR左右とも60 BOAの検査の結果を踏まえ感音性難聴の診断。すぐ補聴器つけるべき。今頑張らなければろう学校行きとのこと。内耳が原因なので一生なおらない。
今後BOAのみで経過観察。ABRはもう行わない。

B病院
生後4ヶ月 鼻風邪により左耳が少し赤いかも?との医師の診察の上でABR、ASSR実施

ABR左60右40

ASSR
左 500…70 1000…70 2000…60 4000…60
右 500…50 1000…60 2000…60 4000…40

補聴器は今すぐ必要はない。様子見。次の検査は3か月後。成長し、耳管の働きが更によくなれば?もう少し結果はよくなる?上記のような結果は口蓋裂の子供に多い。
補聴器については最長で口蓋裂の手術後の一歳半ぐらいまで様子見?。

鼓膜の検査の結果滲出性中耳炎にはなっていなかったようです。

A、B 病院とも専門検査機関です。

できることなら補聴器はつけたくありません。
しかし、療養始めるなら生後6ヶ月までに補聴器つけるべきと聞きました。特にA病院でなかばおどしのように言われたのでこわいです。

A病院にかからなければ何も疑うことなくB病院の指示にしたがっていたと思います。

このまま様子見で赤ちゃんが手遅れになることはないつなしょうか?
(乳幼児/男性)

質問者:ピクニック さん

3人の医師からの
回答があります

栗原 秀樹 先生 プロフィールを見る

栗原 秀樹 先生による、ピクニックさんのABR、ASSR再検査結果と今後についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。