Q
解決しました

ジオン療法合併症による泌尿器損傷について

出血性内痔核治療を医師の薦めでジオン療法の施術を受けました。一度では止血できず一ヶ月あけて再度施術しました。その結果、前立腺肥大による排尿障害、右副睾丸に痛みを伴うしこりが発症、所謂合併症となりました。2月のジオン療法から9ヶ月たちますが、施術後一ヶ月くらいから副睾丸に疼痛を発症、トラマールによる対処療法をうけていますが、痛源が副睾丸から精索に拡大しているのが現状です。治療法として、鎮痛のみしかなく、最終的に副睾丸から精索の摘出しかないと言われるとともに、術後腹腔内精索部に痛みが残り、鎮痛治療を継続しないといけないかもしれないとも言われています。ジオン療法の合併症の診察、治療をご相談したいのですがどうすればよいでしょうか。
(50代/男性)

質問者:キセカン さん

1人の医師からの
回答があります

えりお 先生

えりお 先生による、キセカンさんのジオン療法合併症による泌尿器損傷についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。