Q
解決しました

甲状腺乳頭癌リンパ節転移ありのままアブレーション

36歳男性です。

今年甲状腺乳頭癌の為、甲状腺全摘出しており今後アブレーション予定です。遠隔転移はないのです。今回頸部リンパ節に3~4ミリ程度の転移が残っているのですが、摘出手術はせずにアブレーションを行う事になりそうです。

1) 基本的には転移部は摘出後にアブレーションを行うと思っておりましたが、3~4ミリと比較的小さい・かつ小さい為目で見て摘出が難しい場合には、摘出しないでアブレーションを行う事もあるのでしょうか

2) 仮に明らかにリンパ節転移が残ったままアブレーションした場合は、どのような影響が考えれますでしょうか?具体的には
「アブレーションの効果により小さくなったり、転移した部分が消滅する場合がある」
「リンパ節転移部分にはアブレーションの効果はないが、他の部分には意味がある(他の部分で正常な甲状腺組織を焼く、という意味では再発のリスクを減らすことは出来る)」
「残ったリンパ節から転移や再発がありえるので、アブレーションの効果がかなりなくなる」
最後のパターンであれば、そもそもアブレーションする意味がないので2個目のパターンあたりになるのでしょうか?

(30代/男性)

質問者:土田寿 さん

3人の医師からの
回答があります

ドクター キリコ 先生

ドクター キリコ 先生による、土田寿さんの甲状腺乳頭癌リンパ節転移ありのままアブレーションへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。